山門
善行院から北上した丁字路を西へ進んだ北側に妙覚寺があります。
山号は妙顕寺と同じ「具足山」で、妙顕寺を始まりとする立本寺(りゅうほんじ)と
共に妙顕寺の院号から「龍華の三具足(りゅうげのみつぐそく)」と呼ばれています。
「北龍華」の別称があり、日蓮宗京都十六本山の札所でもあります。
山門-梁上
大門は、元は天正18年(1590)に豊臣秀吉が建立した聚楽第の裏門で、
寛文3年(1663)に移築されたと伝わり、京都府の文化財に指定されています。
城門特有とされる両潜(りょうくぐり)扉があり、梁上には伏兵を潜ませるための
空間が設けられています。
「開山南無日像菩薩」の碑
参道の右側(東側)に「開山南無日像菩薩」の碑が建っています。
妙覚寺は日像上人を開山とし、日実上人を4世としていますが、
実際には天授4年/永和4年(1378)に日実上人によって創建されました。
日実上人は、元は妙顕寺の僧でしたが、教義や後継問題をめぐる寺内の意見対立のため
妙顕寺から離脱し、信徒の豪商・小野妙覚の援助を受け、
四条大宮にあった妙覚の邸宅を寺に改めました。
妙顕寺3世の没後、4世の選任の際に日実上人が妙顕寺から離れたことから、
妙覚寺では日実上人を4世としています。
鎮守社
その横にある社殿の詳細は不明ですが、鎮守社と思われます。
石仏
北側には石仏が祀られ、手前にはユリの花が咲いています。
殉教碑
更に、北側には殉教碑があります。
天文5年(1536)の天文法華の乱で犠牲となった6万人の菩提を弔うために建立されました。
祖師堂
参道正面の祖師堂は天明8年(1788)の大火後に再建されたもので、
府指定の有形文化財となっています。
妙覚寺は、天授4年/永和4年(1378)に日実上人により、四条大宮で創建され、
応永20年(1413)に2世・日成上人により9カ条の門流方式「法華宗異体同心法度」が
定められました。
不受不施(ふじゅふせ=法華経信者以外から施しを受けたり、法施などをしない)の
中心寺院となりました。
寛正7年(1466)には近隣の本覚寺と合併し、寺域を広げましたが、文明15年(1483)に
室町幕府第9代将軍・足利義尚(あしかが よしひさ:在職1474~1489)の命により
二条衣棚(現・中京区妙覚寺町)へ移転しました。
天文5年(1536)の天文法華の乱で伽藍を焼失し、堺へ避難しましたが、
天文11年(1542)に下された第105代・後奈良天皇の法華宗帰洛の綸旨により、
天文17年(1548)に二条衣棚で再建されました。
この頃、美濃国の戦国大名・斎藤道三(1494~1556)の四男・
日饒上人(にちじょうしょうにん)が妙覚寺19世住職となりました。
若き日に道三も妙覚寺で修行したと伝わり、天文23年(1554)に
美濃国の妙覚寺の末寺であった常在寺で出家し、「道三」と号しました。
また、斎藤道三の父・松波庄五郎(まつなみ しょうごろう:生没年不詳)は、
妙覚寺の僧でしたが、還俗して油商人となって成功し、その後武士となりました。
織田信長は、日饒上人が義理の兄にあたることから、妙覚寺を宿所としていました。
信長は、京に二十数回に及び滞在しましたが、妙覚寺を宿所としたのは18回で、
本能寺は3回でした。
天正10年(1582)に本能寺で宿泊していた早朝に、明智光秀の謀反により、
信長は自害して果てました。
当日、信長の嫡男・織田信忠は妙覚寺に宿泊していましたが、信長自害の知らせを受け、
誠仁親王(さねひとしんのう:1552~1586)の居宅であった二条新御所へ移動しました。
誠仁親王を脱出させ、二条新御所で篭城しましたが、明智勢に攻め込まれ、
自害して果てました。(本能寺の変
妙覚寺はその後、天正11年(1583)に豊臣秀吉の命により、現在地へ移転しました。
文禄4年(1595)、秀吉は方広寺大仏の千僧供養を行いましたが、
妙覚寺21世の日奥上人(にちおうしょうにん:1565~1630)は、
不受不施の立場から出仕を拒み、秀吉に「法華宗諌状(いさめじょう)」を提出して
妙覚寺を去り、丹波国小泉に隠棲しました。
日奥上人は慶長4年(1599)の徳川家康による供養会にも出席せず、
大阪対論により対馬に流罪となりました。
23年後の元和9年(1623)に赦免となり、不受不施派の弘通が許されました。

堂内には日蓮聖人坐像、日朗上人坐像、日像上人坐像が安置されています。
延文3年/正平13年(1358)に北朝第4代・後光厳天皇の詔により、
二世・大覚妙実(1297~1364)が祈雨修法を行いました。
その功により、後光厳天皇から大覚妙実は大僧正に任じられ、
日蓮聖人に大菩薩、大覚大僧正の師である日朗上人と
日像上人に菩薩の号を賜わりました。
唐門
祖師堂の西側に唐門があり、奥に本堂があります。
狩野元信之墓の碑
門前には「狩野元信之墓」の碑が建っています。
狩野元信(かのう もとのぶ:1476~1559)は、室町時代の絵師で、
狩野派の祖・狩野正信の長男または次男とされ、狩野派の2代目です。
狩野派の画風の大成し、近世における狩野派繁栄の基礎を築いた人物で。
天文14年(1545)頃に僧の位の一つである「法眼」を与えられました。
渡り廊下
北側には渡り廊下が祖師堂へとつながっています。
大玄関
唐門の南側に大玄関があります。
庫裡
庫裡
妙覚寺は春と秋に特別公開が行われているようですが、
当日は拝観休止となっていました。
本堂や庭園、華芳塔堂などの拝観ができます。
華芳塔堂は山内で最も古い安土桃山時代の建物で、日蓮聖人が比叡山華芳谷・定光院で
修行中に写経した法華経が、堂内安置の石造りの塔に納められていました。
この石塔は、元亀2年9月12日(1571年9月30日)の織田信長による比叡山焼き討ち後に
発見されて妙覚寺へ納められました。
後に石塔を納めるための木像多宝塔が造られ、江戸時代の書家・
亀田窮楽(かめだきゅうらく:1690~1758)による扁額が掲げられています。
境内図
庫裡の前の境内図です。
妙覚寺道場
南へ進むと妙覚寺道場があり、剣道の道場のようです。

後花園天皇火葬塚から水火天満宮(すいかてんまんぐう)、大応寺へ向かいます。
続く
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村