カテゴリ:京都市 > 京都市中京区

鳥居
京阪「神宮丸太町駅」を下車して西へ進み、寺町通を南下した東側に
下御霊神社があります。
下御霊神社は第54代・任明天皇(にんみょうてんのう/在位:833~850)により、
愛宕郡出雲郷の下出雲寺(のちに廃絶)の鎮守社として創建されたと伝わりますが、
その詳細は不明です。
御霊神社(上御霊神社)の南に位置したことから「下御霊神社」と呼ばれました。
表門の菊花紋
表門は京都御所の旧建礼門を移築したもので、門には菊花紋があります。
拝殿
拝殿は寛政10年(1798)に建立され、京都市の有形文化財に指定されています。
貞観5年(863)5月20日、平安京の神泉苑御霊会が催され、
平安京に災害や疫病などをもたらす怨霊を鎮めようとしました。
その怨霊とは崇道天皇、伊予親王、藤原大夫人、藤大夫、橘大夫、文大夫の霊で、
いずれも冤罪を着せられ、非業の死を遂げました。
本殿
本殿、
下御霊神社は鎌倉時代の正中元年(1324)に正一位の神階が授けられ、
室町時代の正長元年(1428)には第4代将軍・足利義持(在職:1395~1423)から
新町出水西に社殿が寄進され、遷座されました。
応仁・文明の乱(1467~1477)で焼失した後、天正18年(1590)に豊臣秀吉による
都市計画のため、現在地へ遷座されました。
江戸時代の享保13年(1728)、霊元法皇が参詣して願文を納め、
京都御所の産土神とされました。
享保17年(1732)に霊元法皇が崩御され、「崩御の後は下御霊神社に併祭せよ」との
遺言により、相殿に「天中柱皇神」として奉祀されました。
天明8年(1788)の大火で焼失した後、寛政2年(1791)に第119代・光格天皇より
仮皇居の内侍所(ないしどころ)旧殿が下賜され、現在の本殿とされました。
寛政5年(1793)には、本殿前に幣殿と唐破風造りの拝所が増築され、
現在は京都市の有形文化財に指定されています。
随身像-左
拝所には随身像が安置されています。
阿形
本殿中央には八所御霊、相殿に天中柱皇神として霊元天皇が祀られています。
八所御霊とは、上記の怨霊六座と吉備聖霊と火雷天神の二座を加えたものです。
吉備聖霊は吉備真備とされることもありますが、吉備真備は憤死した人ではないので、
神社側は六座の神霊の和魂と解釈しています。
火雷天神は菅原道真とされることもありますが、神社の創建は道真が天神として
神格化されるよりも以前なので、神社側は六座の神霊の荒魂と解釈しています。
随身像-右
吽形
怨霊六座の詳細です。

早良親王は長岡京造営の責任者だった藤原種継の暗殺に関与したとされ、
淡路国に配流される途中に河内国高瀬橋付近(現・大阪府守口市の高瀬神社付近)で
憤死し、延暦19年(800)に崇道天皇と追称されました。
貞観年間(859~877)には天皇の霊を鎮めるため、唯一天皇のみを祭神とする
崇道神社が創建されました。

伊予親王は大同2年(807)に謀反の嫌疑をかけられ、母親の藤原吉子と共に川原寺
幽閉され、同年11月12日に母子は服毒自殺しました。
藤原吉子は上御霊神社や下御霊神社などに祀られる際に、藤原大夫人と尊称されました。

藤大夫とは藤原広嗣のことで、反藤原氏勢力により大宰府へ左遷され、天平12年(740)に
反乱を起こしたのですが、捕えられ処刑されました(藤原広嗣の乱)。

橘大夫とは橘逸勢(たちばな の はやなり)のことで、延暦23年(804)に
最澄・空海らと共に遣唐使として唐に渡ったのですが、
中国語が苦手で、語学の負担の少ない琴と書を学びました。
承和9年(842)に嵯峨上皇が没した2日後の7月17日に皇太子・恒貞親王の東国への
移送を画策し謀反を企てているとの疑いで、捕われ、伊豆国への流罪が決まり、
護送途中に遠江国板築(浜松市三ヶ日本坂)で病没しました。

文大夫とは文室宮田麻呂(ふんや の みやたまろ)のことで、国際交易にまで
活動範囲を広げていた宮田麻呂を脅威に感じていた者達により、
謀反の嫌疑をかけられ伊豆国へ配流されました。
但し、この謀反に問われた事情は必ずしも明らかではありません。
垂加社
少し戻って、門を入った北側に猿田彦社と垂加社(すいがしゃ)の相殿があります。
垂加社には山崎闇齋(やまざきあんさい)が祀られています。
山崎闇齋は元和4年(1619)に京都で生まれ、幼くして比叡山に登り、
次いで妙心寺に移って僧となりました。
寛永19年(1642)に25歳で畜髪・還俗して儒学者となり、寛文5年(1665)には江戸に出て、

吉川神道の創始者である吉川惟足(よしかわ これたり)に学んで、
神道研究にも本格的に取り組むようになりました。
従来の神道と儒教を統合して(神儒融合)垂加神道を開き、
幕末の尊王攘夷思想に大きな影響を与えました。
門弟は6,000人に及び、当時の下御霊神社の神主・出雲路信直も
高弟の一人だったことにより祭祀されることになりました。
稲荷社
垂加社の東側に隣接して稲荷社があります。
三社
本殿に向かって左側(北側)に右から八幡社、神明社、春日社が祀られ
「三社(さんじゃ)」と称されています。
江戸時代の文化4年(1807)に建立されたもので、中世から近世にかけて三社を併せて
信仰することが流行したそうです。
八幡は清浄、伊勢は正直、春日は慈悲の心を諭すものとされています。
神物宝庫-1
本殿の右側には神物宝庫があります。
宝永5(1708)年3月8日の大火後に建立されたとみられ、天明8年(1788)の大火で
唯一焼失を免れましたが、大火後現在地に移築されたと考えられています。
平成30年(2018)9月4日に近畿地方を横断した台風21号による被害を受けたようです。
神物宝庫-2
庫内には宝永の大火後の宝永6年(1709)に第113代・東山天皇から下賜された
大宮神輿などが保管されています。
神輿は天保年間(1831~1845)に修理され、5月の神幸還幸祭で巡行されます。
四社殿
境内の南側に右から大将軍社高知穂社愛宕社日吉社の四社殿があります。

四社殿の西側に隣接して大国主命・事代主命社があります。
事代主命は大国主命の御子神であり、初代・神武天皇の皇后となる
媛蹈鞴五十鈴媛(ひめたたらいすずひめ)の父親とされています。
天満宮
大国主命・事代主命社の西側に下御霊天満宮があります。

京都御所へ向かいます。
続く
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

山門
下御霊神社から更に南下すると行願寺があります。
山号を「霊麀山(れいゆうざん)」と号する天台宗の尼寺で、
神仏霊場・第114番の札所となっています。
寛弘元年(1004)、行円により一条小川の一条北辺堂跡に創建されました。
京都御苑の西方には、付近に革堂町、革堂仲之町、革堂西町の町名が残されています。 
行円は仏門に入る前は猟師で、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その腹から
子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったと伝わります。
行円はその鹿の皮を常に身につけていたことから、「皮聖」、「皮聖人」などと呼ばれ、
寺の名も「革堂(こうどう)」と呼ばれました。
行願寺はその後、度々の火災で焼失、再建を繰り返し、天正18年(1590)に豊臣秀吉による都市計画のため、寺町荒神口へ移転しました。
宝永5年(1708)の大火の後に現在地で再建されましたが、
天明8年(1788)の大火でも焼失しました。
山門は元治元年7月19日(1864年8月20日)の禁門の変(蛤御門の変)で焼失し、
その後再建されました。
行願寺は戦後荒廃していましたが、昭和44年(1969年)から中島湛海尼が住職となって
寺を再興し、名誉住職となりました。
湛海尼は昭和63年(1988)に尼僧で初めて天台宗最高位の大僧正になりましたが、
平成18年(2006)10月28日に91歳で亡くなりました。
手水舎
山門を入った左側に手水舎があります。
本堂-1
門を入った正面に本堂があります。
現在の本堂は文化12年(1815)に再建されたもので、
京都市の有形文化財に指定されています。
本堂-2
本尊は像高2.5mの千手観世音菩薩像で、行円が上賀茂神社のご神木を得て
3年をかけて自ら刻んだと伝わります。
本尊は秘仏とされ、毎年1月の17と18日のみ開帳されます。
加茂明神塔
境内の西北隅にある五輪塔は「加茂明神石塔」と称され、行円が上賀茂神社のご神木を
得た報恩として、加茂明神を勧請したと伝わります。
かっては、石塔前に鳥居が建っていたそうです。
百体地蔵堂
その東側に百体地蔵堂があり、多くの地蔵尊や石仏、石塔が祀られています。
鐘楼
更にその東側には文化元年(1804)に再建された鐘楼があり、
京都市の有形文化財に指定されています。
梵鐘
鐘は許可なく撞くことはできませんので、勝手に撞かないよう、
時々猫が見張りをしています。
鎮宅霊符神堂
鐘楼の東側に鎮宅霊符神堂があります。
鎮宅とは、家宅の災禍を祓い消し鎮めるとの義で、下記のような由来があります。
『風水・宅相に精通していた漢の孝文帝が、あるとき孔農県に行幸されました。
滅茶苦茶凶相の地に、立派な邸宅のあるのを怪しみ、その主人をよんで尋ねたところ、
「その昔、災禍打ち続きど貧民となり不幸のどん底にありました。
ある時、いずこともなく書生二人が現れ、七十二霊符を伝授され、
十年にして大富豪となり、二十年にして子孫栄え、三十年にして天子までが訪ねて
来るであろうと預言し、忽然と消えた」と答えました。
孝文帝はこの霊符の法を深く信仰し、天下に伝えた』と伝わります。
但し、単に霊符を書いて壁に貼っておくだけでは駄目で、
この霊符を用いるには修法を実践する必要があるそうです。
日本に伝わってからは、鎮宅霊符そのものを神として祀られているようです。
お守りやお札の元祖の神で、節分や七夕など星祭りは、この神の家内安全、
商売繁盛のお祭りです。
庫裡
鎮宅霊符神堂前の東側に庫裏があります。
七福神
庫裏の向かいの参道を挟んだ西側に七福神の像が祀られています。
寿老神堂
その南側に安土・桃山時代に建立された寿老神堂があります。
本尊の寿老人は「都七福神めぐり」の札所本尊でもあります。
愛染堂
更にその南側には愛染堂があります。
大日如来
本堂の南側に天道大日如来と延命地蔵菩薩を祀った社があり、
画像はありませんがその東側に宝物館があります。
宝物館には行円が身につけていたとされる鹿皮の衣が保存され、
毎年1月に2日間だけ公開されます。
また、お盆の期間のみ公開される「幽霊絵馬」には以下のような伝説が残されています。
『江戸時代の文化8年(1811)、行願寺の近くにあった質屋で子守として奉公していた
「おふみ」という少女が、よく境内で子守をしていました。
革堂から聞こえてくる御詠歌を子守歌代わりに、唄い聞かせていたのですが、
質屋の主人は熱心な法華信者でした。
ある時、おふみが唄う御詠歌が主人の耳に入り、
それに怒った主人に虐待され殺されてしまいました。
主人はおふみの遺体を親に返さず、蔵に隠しました。
行願寺での通夜に訪れていた両親の前におふみが幽霊となって現れ、
両親に真相を告げたました。
両親はおふみを葬った後に幽霊を絵馬に描き、
手鏡をはめて寺に奉納した』と伝わります。

寺町通を北上して京都御苑へ向かいますが、丸太町通を境に北は上京区、
南は中京区に分かれ、京都御苑は上京区となります。
続く
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ