カテゴリ: 滋賀県

鳥居
自宅から近江今津港までスマホのナビで検索すると、約2時間と表示されたので、
出航時間9:30に余裕を持たせて7時に自宅を出発しました。
しかし、坂本から先の湖西道路は125cc以下は通行が禁止されていたため、
国道161号線への迂回を余儀なくされ、予定時間に遅れが生じました。
白鬚神社に到着した時、出航時間に間に合わないと判断して参拝することにしました。
白鬚神社で有名なのが湖中大鳥居ですが、その由来は諸説あるようです。
古来波打ち際に鳥居が湖水の増減で見え隠れしていたとも、室町時代後期に天下変災の
前兆として社前の湖中に石橋や鳥居が突然姿を現したとも伝わります。
或いは琵琶湖で100以上確認されている湖底遺跡のように、以前は鳥居が建っていた所も
陸地だったのでは...と想像もされます。
弘安3年(1280)の絵図では陸上に鳥居が描かれていますが、
現在のように離れているのかは不明です。
江戸時代中期には既に湖中に鳥居が建っていることが確認でき、
舟での参拝の目印となっていたのかもしれません。
昭和12年(1937)に大阪で薬問屋を商う小西久兵衛氏の寄進によって再建された後、
現在の鳥居は昭和56年(1981)に、琵琶湖総合開発の補償事業で建立されました。
国道端から58.2m沖に建てられ、高さが湖面から12m、柱幅は7.8mの大きさを誇り、
「近江の厳島」とも称されています。
鳥居復興の碑
境内に入った左側には昭和12年(1937)に建てられた鳥居復興の碑があります。
拝殿
白鬚神社の所在地は滋賀県高島市鵜川215で、国道161号線に面しています。
全国に約300社に及ぶ白鬚神社の総本社です。
第11代・垂仁天皇25年(BC5年)に倭姫命(やまとひめのみこと)によって社殿が造営、
または再建されたのが始まりと伝わる近江最古の大社とされています。
倭姫命は垂仁天皇の第4皇女で、第10代・崇神天皇の皇女・豊鍬入姫命
(とよすきいりひめのみこと)の跡を継いで諸国を巡り、伊勢の国に入って神託により
皇大神宮(内宮)を創建したとされています。
倭姫命が大和を出発したのが垂仁天皇25年で、大和国から伊賀・近江・美濃・尾張の
諸国を経て、垂仁天皇26年(BC4年)に伊勢の国に入り皇大神宮を創建したと伝わります。
伊勢の国に入ると先導を務めたのが、猿田彦の子孫である大田命(おおたのみこと)で、
五十鈴川の川上一帯を献上したとされています。

また、背後の山頂には磐座や古墳群が残されていることから、倭姫命がこの地を訪れる
以前から何らかの祭祀が行われていたのかもしれません。

祭神は猿田彦命で、白髪で白い鬚を蓄えた老人の姿だったことが
「白鬚神社」の由来となりました。
観阿弥作の謡曲「白髭」では、湖岸で釣りをする翁に姿を変えた白鬚明神が、
参詣に訪れた勅使に白鬚明神の縁起を語ります。
社伝では白鬚明神が猿田彦命であったとされています。
白鳳3年(675)には、第40代・天武天皇の勅旨により「比良明神」の号を賜ったとされています。
貞観7年(865)に「比良神」が従四位下の神階を賜ったとの記載がありますが、
『延喜式』神名帳には記載されていないため、国史見在社とされています。
国史見在社とは、六国史(『日本書紀』『続日本紀』『日本後紀』『続日本後紀』
『日本文徳天皇実録』『日本三代実録』)に記載が見られ、『延喜式神名帳』に記載の無い
390余社の神社を指します。
朝廷の尊崇が厚く、由緒ある神社として重んじられています。
明治の近代社格制度では、明治9年(1876)に郷社に列し、
大正11年(1922)に県社に昇格しています。
境内図
本殿は豊臣秀頼の寄進により、慶長8年(1603)に再建され、
国の重要文化財に指定されています。
拝殿は明治12年(1879)に再建されました。
若宮神社
本殿の左側には末社・若宮神社があり、大田命が祀られています。
太田命(おおたのみこと)とも表記され、猿田彦命の別名とする説もあります。
現在の社殿は、本殿と同じく豊臣秀頼により、慶長8年(1603)に再建されたもので、
昭和15年(1940)に高島町指定文化財の第一号に指定されました。
上の宮への石段
若宮神社の右側にある石段を上り、「上の宮」へ向かいます。
伊勢両宮
石段を上った左側には手前から外宮、内宮、三社殿が並び、
いずれも町の文化財に指定されています。
三社殿には中央に八幡神社、向かって右に加茂神社、左に高良神社が祀られています。
伊勢両宮と三社殿は、天文8年(1540)に近江国守護・六角義賢(ろっかくよしかた)
により奉納されました。
紫式部歌碑
社殿の前に「三尾の海に 網引く民のてまもなく 立居につけて 
都恋しも」と詠まれた紫式部の歌碑が建っています。
長徳2年(996)、越前の国司となった父・藤原為時が船路にて湖西を通り
越前へと赴く際に、同行した式部が高島の三尾崎の浜辺で、
漁をする人々の網を引く見なれぬ光景に、都の生活を恋しく思い出して詠んだとされています。
昭和63年(1988)4月に紫式部を顕彰して、高島町観光協会によって建立されました。
弁財天社
奥の方には右側の覆い屋の中に鳴子弁財天社と寿老神社、
その左側に波除稲荷社と天満宮社が祀られています。
鳴子弁財天社は、社殿が大阪の信者の寄進により建立されましたが、
昭和初年から社務所や宮司宅で奉斎されていました。
寿老神社は昭和63年(1988)に西近江七福神巡りの一つになったのを
記念して建立されました。
波除稲荷社の社殿は平成17年(2005)に修復されました。
天満宮社はかって、三社殿の軒下にあったものが、
平成11年(1999)に現在地に移転、修復されました。
磐座
更に山の方へ登って行くと、右側に磐座として祀られていると思われる岩があります。
天の岩戸社
岩の左側に岩戸社があり、古墳の石室が天の岩戸として祀られています。
暗くてよくは見えませんが、結構大きな石室のように思われます。
池
下って拝殿の右側へ進むと、小さな池があります。
与謝野夫妻の歌碑
池の畔に与謝野鉄幹・晶子夫妻の歌碑が建っています。
「しらひげの 神のみまへに わくいづみ
 これをむすべば ひとの清まる」
大正初年に白鬚神社に参拝した二人が、社前に湧き出る水の清らかさを詠んだもので、
上の句は鉄幹、下の句を晶子が詠みました。
大正7年(1918)、京都延齢会が手水舎を再建した際に
その記念として同年12月この歌碑を建立しました。
鉄幹の揮毫によるもので、全国にある与謝野夫妻の歌碑の中で
最も古い頃のものとされています。
社務所
歌碑から右側へ進んだ所に社務所があります。
四十八石仏への道標
白鬚神社から国道161号線を北へ少し進んだ先に、四十八体石仏群への
道標が建っていますが、車高の高い自動車では進入できません。
四十八石仏
「鵜川四十八躯仏」と称され、滋賀県の史跡に指定されています。
伝承では六角義賢(ろっかくよしかた)が母の菩提を弔うために、
天文22年(1533)に造立したとされていましたが、永享8年(1436)、
周辺の境界争いの記録に四十八仏が記されていることから、
この頃には既にあったと推察されています。
四十八躯は『無量寿経』に説く、阿弥陀仏がまだ法蔵菩薩として修行していたときに
仏になる条件として立てた四十八の誓願によるものです。
地元の「比良石」と呼ばれる花崗岩製で、
像高は多少の大小の差があるものの像高は約1.6mあります。
しかし、内十三躯が江戸時代前期に坂本の慈眼堂(じげんどう)へ遷され、
昭和62年(1987)10月には二躯が盗難に遭いました。
現在は三十三躯の定印を結んだ結んだ阿弥陀如来坐像が、
東を向いて整然と安置されています。
海津大崎
近江今津港発10:50の便に間に合うように出発しましたが、予定より若干早く到着したので、
近くのコンビニで弁当を購入して竹生島行の船に乗船することにしました。

現在待合所が工事中で、北へ少し離れた所に仮設の待合所があり、
その前にバイクを置くことができました。
乗船券は往復で2,590円ですが、10/1から消費税が10%になるのに伴い、
2,640円に変更されますが、ネットで1割引きになる割引券が取得できます。

乗船すると船は定置網を避けるためか北に進路を取り、海津大崎が正面に見えてきます。
波の浸食により突き出た岩礁地帯で、琵琶湖国定公園の中でも有数の景勝地となり、
「暁霧(ぎょうむ)・海津大崎の岩礁」として、琵琶湖八景の1つに数えられています。
春は琵琶湖岸4kmに渡って約800本の桜が立ち並び、遅咲きの桜の名所となっています。
葛籠尾崎
海津大崎の先にある半島が葛籠尾崎(つづらおざき)です。
葛籠尾崎へは無料の観光道路「奥琵琶湖パークウェイ」が開通するまで、
容易に立ち入ることができませんでした。
しかし、葛籠尾崎の沖10~700m、湖岸に添って北へ数kmの範囲、水深10~70mの湖底に
葛籠尾崎湖底遺跡が発見されました。
大正13年(1924)末に漁師が網で数個の縄文・弥生土器を引き上げたことから
その存在が明らかとなりました。
現在までに縄文時代早期から晩期、弥生時代中・後期、古墳時代、奈良時代、
平安時代の各期の土器等が見つかっています。
葛籠尾崎周辺に河川が無く、土砂が堆積しなかったために、
土器等が沈んだ当時のままの状態で引き上げられました。
但し、何故この湖底から土器等が発見されたかは現在でも解明されていません。
竹生島-西側
竹生島に近付いてきました。
竹生島と伊吹山
島の南側の奥に伊吹山が見えてきました。
『近江国風土記』には、夷服岳(いぶきのたけ=伊吹山)の多多美比古命
(たたみひこのみこと)が姪にあたる浅井岳(金糞岳)の浅井姫命と高さ比べをし、
負けた多多美比古命が怒って浅井姫命の首を斬ったところ、
湖に落ちた首が竹生島になったと記されています。
伊吹山の標高は1,377mで現在は滋賀県の最高峰ですが、
金糞岳は1,317mで頭を切られたため、二位に転落したのでしょうか?
竹生島-南側
竹生島の南側は波に削られ、岩が露出しています。
竹生島港
竹生島港には既に長浜からの便が入港しています。
竹生島へは今津、長浜の他に彦根港からも出航しています。
今津と長浜からは琵琶湖汽船が運行し、今津港からは約25分で
往復の料金は10/1から2,640円になります。
長浜港からは乗船時間が約30分で、往復の料金は10/1から3,130円で
便数はこちらの方が多いです。
彦根港からは近江マリンが運行し、乗船時間は約40分で往復料金は3,000円ですが、
西武プリンスクラブのカードを提示すると2割引きで最安となります。
間もなく島に上陸します。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

琵琶湖周航の歌
竹生島に上陸すると「琵琶湖周航の歌」の歌碑が出迎えてくれます。
この曲は大正6年(1917)6月28日、第三高等学校(現在の京都大学)ボート部の部員による
恒例の琵琶湖周航の途中、部員の小口太郎による詞を「ひつじぐさ」
(作曲:吉田千秋)のメロディーに乗せて初めて歌われました。
歌詞にある「古い伝えの竹生島」のとおり、古来、信仰の対象となった島で
神の棲む島とも伝えられています。
深緑 竹生島の沈影の碑
背後には「琵琶湖八景 深緑 竹生島の沈影」の碑が建立されています。
竹生島では平成16年(2004)以降、カワウが急速に増加して、
多くの樹木を枯らせたとニュースで報じられていました。
現在ではカワウの姿も見られず、植林もされて深緑が取り戻されています。
上部に見える細長い建物は宝厳寺の本坊です。
殺生禁止の碑
また、竹生島の水際八町は殺生を禁止する旨の碑も建っています。
境内図
自販機で400円の入島券を購入して境内に入りますが、下船したほぼ全員の方々は
宝厳寺へ向かいますので、参拝図にあるようにまず、都久夫須麻神社の方へ向かいました。
橋
始発の船なら宝厳寺の方から下ってくる人とも出会わず、ほぼ独占して
都久夫須麻神社に参拝することができると思います。
竹生島港
橋の上からは竹生島港が一望できます。
手前には都久夫須麻神社の船も停泊しています。
黒龍社-1
橋を渡った所に黒龍堂があります。
昭和45年(1970)に大阪の岡橋氏によって建立された後、
平成7年(1995)に修復が行われ、鳥居が再建されました。
黒龍社-2
黒龍が祀られ、背後の大木が黒龍が湖から昇ってくると伝わる御神木とされています。
黒龍堂は大阪の黒龍大神が勧請されたのでしょうか?
懸け造り
参道は「舟廊下」の懸け造りの横を通ります。
弁財天像
先にある石段を上った右側に招福弁財天が祀られています。
白巳大神
白巳大神を祀る社殿。
白巳大神の詳細はこちらをご覧ください。
龍神拝所
琵琶湖を望む断崖上に龍神拝所があります。
龍神拝所-鳥居
ここから土器(かわらけ)に願い事を書き、湖面に突き出た宮崎鳥居へと投げ、
鳥居をくぐれば、願い事が成就するとも言われています。
厳島神社
厳島神社-2
本殿への石段の右側に江の島の江島神社と宮島の厳島神社があります。
この二社を含め「日本三大弁才天」と称されています。
天忍穂耳神社-1
石段の左側には左側には天忍穂耳神社(あめのおしほみみじんじゃ)と
大己貴神社(おおなむちじんじゃ)があります。
天平3年(731)に第45代・聖武天皇が都久夫須麻神社に参拝した際に創建されたと伝わります。
天忍穂耳神社-2
天忍穂耳神社の祭神・天忍穂耳命は『古事記』では、天照大神の勾玉から生まれたとされています。
天照大神から葦原中国(あしはらのなかつくに)を天降って平定するように命じられますが、
下界は物騒だとして途中で引き返しました。
葦原中国とは、天にある高天原と地下にあり、死者の世界である黄泉(よみ)の国の中間にある、
日本の地上世界を指します。

大己貴神社の祭神・大己貴命は大国主命とも呼ばれ、粗暴のため高天原を追放された
須佐之男命(すさのおのみこと)の息子とも六世または、七世の孫ともされています。
大己貴命は少名毘古那命(すくなびこなのみこと)の協力を得て、
人々に農業や医術を教え葦原中国の国造りを完成させました。
その後、建御雷神(たけみかづちのかみ)らによって大己貴命から国譲りがなされ、
再び天忍穂耳に降臨の命が下りました。
しかし、天忍穂耳はその間に生まれた息子の瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)に
行かせるようにと進言し、瓊瓊杵尊が天下ることになりました。
天忍穂耳命の「おしほみみ(忍穂耳)」は威力(生命力)に満ちた稲穂の神を意味し、
稲穂の神、農業神として信仰されています。
大国主命は出雲神社の祭神であり、病を封じる神(医療神)として信仰されています。
本殿
本殿は永禄元年(1558)の大火で焼失し、永禄10年(1567)に再建されました。
これが現存する庇(ひさし)と向拝の部分にあたります。
本殿-身舎
慶長7年(1602)には豊臣秀頼により、片桐且元(かたぎりかつもと)を奉行として改造されました。
建物中心部の身舎(もや)は、伏見城の勅使殿が移築され、
元の本殿の外回りにの中に組み込まれました。
身舎の正面中央間は黒漆塗の桟唐戸を立て、菊文様の装飾彫刻で飾られています。
現在、内陣の拝観は中止されていますが、折上格子天井には
菊・松・梅・桜・桃・楓等の金地・著色画が施されています。
襖には草花図が描かれ、天井画と共に狩野永徳、光信親子の筆によるものと伝わります。
本殿-廂
庇の部分は素木仕上げで彫刻が施されています。
建立年代の異なる2つの建物を合体して1棟としたもので、国宝に指定されています。

社伝では、雄略天皇3年(459)に浅井姫命を祀る小祠が建てられたのが、
都久夫須麻神社の始まりと伝わります。
『近江国風土記』には夷服岳(いぶきのたけ=伊吹山)の多多美比古命
(たたみひこのみこと)、久恵(くえ)の峰に姉の比佐志姫命(ひさしひめみこと)、
浅井の峰に姪の浅井姫命がいました。
ある時、夷服岳と浅井の峰(金糞岳)が高さ比べをし、負けた多多美比古命が怒って
浅井の峰の頭頂部を斬ったところ、湖に落ちて竹生島になったと記されています。
湖に落ちる時、「都布都布(つぶつぶ)」という音がしたので「都布失島(つぶくしま)」という
名前になったとも、最初に生えたのが竹であったことから
「竹生島」という名前になったとも伝わります。

天智天皇6年3月19日(667年4月17日)、近江大津宮へ遷都した第38代・天智天皇は、
宮中の守護神とし、第45代・聖武天皇は竹生島に宝厳寺を創建しました。
聖武天皇は天平3年(731)に参拝し、社前に天忍穂耳命・大己貴命を祀ったと伝わります。
天平宝字8年(764)の藤原仲麻呂の乱平定に神助があったとして従五位上を授けられ、
平安時代中期の『延喜式神名帳』で式内小社に列っせられました。
平安時代末期から弁才天が祀られ、弁才天を本地仏として
「竹生島権現」「竹生島弁才天社」と称されるようになりました。

木曽義仲を討つべく平家の軍勢10万余騎は、北陸へ向けて琵琶湖西岸を北上しました。
その途中、琵琶の名手として名高い平経正(たいら の つねまさ)は竹生島に渡り、
この地で「上弦(しょうげん)、・石上(せき しょう)」の秘曲を奏でました。
そのあまりにも美しい調べに、弁才天の化身と思われる白龍が龍神となって現れたと伝わります。
寿永2年(1183)、平氏の北陸追討軍が倶利伽羅峠の戦いで、木曾義仲に撃破され
大半の軍勢を失い、平家滅亡への道を辿ることとなりました。
また、平経正は寿永3年(1184)、一ノ谷の戦いで命を落としました。
明治の神仏分離令により都久夫須麻神社と宝厳寺が分離、併存するようになりました。

祭神は市杵島比売命(いちきしまひめのみこと=弁財天)、宇賀福神、
浅井比売命(あざいひめのみこと)、龍神の四柱が祀られています。

地上から高天原に登ってきた須佐之男命と、「高天原を奪う等という邪心のないこと」を
天照大神に示すために誓約(うけい)が行われた際、天照大神が須佐之男命が
剣を噛んで吹き出した霧から生まれた五男三女神の三女神が宗像三女神とされています。
市杵島比売命は宗像三女神の三女(諸説あり)で「市杵(斎き)」には、
「神霊を斎き祭る」という意味があるとされています。
宗像三女神は、邇邇芸命を見守り助けるために玄界灘に浮かぶ
筑紫宗像の島々に降り立ったとされています。
後の神仏習合においては弁財天と同神とされるようになりました。

宇賀福神は、宝厳寺の弁財天像の頭頂部に小さく乗っています。
神名の「宇賀」は、伏見稲荷大社の主祭神である宇迦之御魂神(うかのみたま)に
由来するもの、または仏教語で「財施」を意味する「宇迦耶(うがや)」に
由来するという説もあります。
その姿は、人頭蛇身で蜷局(とぐろ)を巻く形で表され、延暦寺(天台宗)の教学に
取り入れられて、仏教の神(天)である弁才天と習合あるいは合体したとされ、
この合一神は、宇賀弁才天とも呼ばれます。
宇賀神は、弁才天との神仏習合の中で造作され案出された神、との説もあります。

宝厳寺へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

舟廊下
都久夫須麻神社と宝厳寺の観音堂を結ぶ渡り廊下は「宝厳寺渡廊」と称され、
国の重要文化財に指定されています。
慶長8年(1603)に豊臣秀吉の御座船「日本丸」の用材を用いて建てたという
伝承から「舟廊下」とも呼ばれています。
観音堂
観音堂は現在、工事中で国宝の唐門や重要文化財の観音堂など、
全容を見ることはできませんでした。
戦国時代の永禄元年(1558)の大火で、都久夫須麻神社の本殿や観音堂が被災し、
現在の観音堂は慶長7年~8年(1602~1603)に、豊臣秀頼の命を受けた
片桐且元によって再建されました。
観音堂は傾城地に建てられた懸造(かけづくり)で、京都から移築された痕跡が残されています。
平面構造は、桁行五間、梁間四間でその外回りに縁が巡っています。
琵琶湖側の正面一間通りが外陣、奥四間通りが内陣で、
内陣の右手奥に本尊が安置されています。
折上格子天井には牡丹、菊、桐が描かれています。
賓頭盧尊者
賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)像は「なで仏」とも呼ばれ、まず像をなで、
その手で自身の患部を撫でると治癒するとの伝承があります。
宝厳寺の像は古いので、優しく撫でるようにと注意書きがしてあります。
極楽橋
唐門は豊国廟の唐門が移築され、土地の条件から観音堂に接して建てられています。
平成18年(2006)、オーストリアのエッゲンベルク城で豊臣期大坂図屏風が発見されました。
大坂城の本丸北側に極楽橋が描かれています。
唐門が付いたこの橋は慶長元年(1596)に建設されましたが、
唐門は慶長5年(1600)に豊国廟へ、慶長7年(1602)に現在地に移築されました。
本尊
書写山圓教寺の参道に祀られている宝厳寺の札所本尊
参拝する仏間は2階にあたり、西国三十三所観音霊場の本尊である鎌倉時代の
千手千眼観世音菩薩像が安置されていますが、秘仏とされ原則として
60年に一度開扉されます。(次回の御開扉は2037年)
像高約1.8mで等身大とされています。
千手にはそれぞれ一眼を持ち、全てを見渡し、どのような衆生をも漏らさず
救済しようとする、観音の慈悲と力の広大さを表しています。
修行大師像
唐門を出た左側には修行大師像が祀られています。
観音像
観音堂前の石段を上った左側にぼけ封じ、諸病封じの
「薬寿・観世音菩薩」像が祀られています。
三十三所堂
更に石段を上って進むと西国三十三所観世音奉安殿があります。
三十三所堂-堂内
堂内には霊場の各本尊が祀られています。
天狗堂
奉安殿の先、左側に行尋坊天狗堂があります。
行尋坊とは天狗の名前だったのでしょうか?
何か謂れがありそうですが、詳細は不明です。
妙音天堂
また、妙音天堂の小さな祠もあります。
妙音天女は、天界に住んで空中を飛翔し、妙なる楽器を奏て仏の功徳を讃える
菩薩形の天女だそうで、中国では弁才天、或いは同一視されているようです。
手水舎
奉安殿から進んだ先の右側に手水舎があります。
五重石塔
手水舎の左側に高さ247cmで鎌倉時代作の五重石塔があり、
国の重要文化財に指定されています。
全国で重文指定を受けている五重石塔は七基しか無く、その内の一基となります。
石材は比叡山中から採掘される小松石が使用され、
初重塔身の四方には四仏が配されています。
相輪は、豪雨による土砂崩れで埋没し、発見できなかったために
相輪の下部のみが後補となっています。
本堂
古来、都久夫須麻神社(竹生島神社)の本殿が、宝厳寺の本堂とされてきました。
しかし、明治の神仏分離令の際、弁財天社は平安時代の『延喜式』に見える
「都久夫須麻神社」という社名に変更することなりました。
宝厳寺は廃寺の危機を迎えましたが、寺側の「弁才天は仏教の仏である」との主張が通り、
寺と神社が分離することになりました。
本堂の建物のみが神社側に引き渡されたため、昭和17年(1974)に
平安時代様式で本堂が新築されました。
邪鬼
軒の四隅は邪鬼によって支えられています。

寺伝では、神亀元年(724)、聖武天皇の勅命を受け、僧・行基によって創建され、
弁才天を祀ったとされています。
第45代・聖武天皇は夢枕に立った天照大神より「江州の湖中に小島がある。
その島は弁才天の聖地であるから、寺院を建立せよ。すれば、国家泰平、五穀豊穣、
万民豊楽となるであろう」というお告げを受け、僧行基を勅使としてつかわし、
堂塔を開基させたと伝わります。
一方、承平元年(931)成立の『竹生島縁起』によれば、行基の来島は天平10年(738)で、
小堂を建て四天王を祀ったのが始まりとされています。
天平勝宝5年(753)、近江国浅井郡大領の浅井直馬養(あざいのあたいうまかい)という人物が、
千手観音を造立して安置したとの記録が残されています。
当初は本業寺(ほんごうじ)、後に竹生島大神宮寺と称し、東大寺の支配下にありました。
平安時代前期に延暦寺の傘下に入り、天台寺院となりました。
以降、島は天台宗の僧の修行の場となり、また、平安時代末期頃からは
観音と弁才天信仰の島として栄えたと記されています。

元亀2年9月12日(1571年9月30日)、織田信長は比叡山を焼き討ちし、ルイス・フロイスの
書簡には約1500人、『信長公記』には数千人の僧侶や僧兵、
坂本周辺に住んでいた住民たちまで殺害されました。
信長は宝厳寺には手を下さずに竹生島を安堵し、『信長公記』には
竹生島に参詣した記録が残されています。
現在は真言宗豊山派の寺院で、山号を巌金山(がんこんさん)と称します。

本尊の弁天像は江ノ島・宮島と並ぶ「日本三弁才天」の一尊で、
その中でも最も古い弁才天とされ、宝厳寺では「大弁才天」と称しています。
宝厳寺の創建時に行基が開眼したと伝わりますが、60年に一回開帳される秘仏で、
次回の開帳は西暦2037年になります。
内陣の厨子前には御前立の弁財天像が安置されています。
内陣には荒井寛方画伯により、正面には「諸天神の図」、
側面には「飛天の図」と呼ばれる壁画が描かれています。
弁才天像-右
弁才天像-左
また、堂内外陣の左右にも慶長10年(1605)作の夫婦の弁才天像が安置されています。
現在は毎年8月15日に、「蓮華会(れんげえ)」と呼ばれる
竹生島最大の行事が行われています。
昔は籤(くじ)で選ばれた二人の頭役(とうやく)が弁才天像を新造して、
それぞれの自宅で夫婦で祀り、8月15日に竹生島に奉納していました。
この夫婦の像はそのようにして奉納されたものと思われます。
現在は新造ではなく、宝厳寺から像を預かる方式に変更されているようです。

弁財天は、ヒンドゥー教の女神であるサラスヴァティーが、仏教に取り込まれた呼び名で、
七福神で唯一の女神です。
女神にも拘らず、竹生島は明治までは女人禁制でした。
原語の「サラスヴァティー」はインドの聖なる河の名であったのですが、
河の守護神とされるようになりました。
水を神格化し、言語や音楽の神とされています。
経典に準拠した漢字表記は本来「弁才天」ですが、「才」が「財」の音に通じることから
「弁財天」と表記し、金運・財運の神としての性格が付与されました。
お願いだるま
奉納されている多数の達磨像は「お願いだるま」と呼ばれ、願い事を書いた紙を
達磨の中に封入して祀られています。

本殿の左手前に納経所があります。
宝厳寺は西国三十三所観音霊場・第30番及び神仏霊場・第138番他札所となっています。
三龍善神
納経所の奥、本殿の左側の奥に三龍善神が祀られた社殿があります。
「潤徳護法善神」、「福壽白如善神」、「徳澤惟馨善神」の三神が祀られていますが、
詳細は不明です。
不動三尊像
本殿の右前に不動明王と矜羯羅童子(こんがらどうじ)と制吒迦童子(せいたかどうじ)を
両脇に従えた三尊像が祀られています。
その右横には「竹生島棒術発祥の地」が建っています。
平安時代末期、大坂の難波平治光閑(なんば へいじみつのり)は、源平合戦に出陣しましたが、
戦いの最中に長刀の刃が折れ、棒の部分のみで戦いました。
光閑は更に創意工夫を重ね棒術の技を編み出し、
竹生島の弁才天にあやかり「竹生島流棒術」と名付けまし た。
蔵
三尊像の右側にある石段を上った所に土蔵があります。
経蔵でしょうか?
モチの木
蔵の右側にに片桐且元(かたぎり かつもと)が手植えしたとされている「モチの木」が
大きく枝を伸ばしています。
宝厳寺は中世以降、貞永元年(1232)、享徳3年(1454)、永禄元年(1558)などに大火が
ありましたが、その都度復興されてきました。
 永禄元年の大火後、慶長7年~8年(1602~1603)、豊臣秀頼が片桐且元に命じて
伽藍を復興し、その記念樹として植えられました。
三重塔
モチの木の先に建つ三重塔は6年の歳月をかけて平成12年(2000)5月に再建されました。
正中3年(1326)の『竹生島勧進帳』などからその存在が確認できますが、
江戸時代初期に焼失したそうです。
雨宝童子堂
三重塔の奥に雨宝童子(うほうどうじ)堂がありますが、工事中だったため
平成29年(2017)10月8日参拝時の画像を使用します。
雨宝童子とは、天照大神が16歳のときに日向に降臨されたときの姿とされています。
また、天照大神の本地仏とされる大日如来の化身とする説もあります。
頭上に五輪塔を頂き、右手に宝棒(ほうぼう)、左手に宝珠を持つ童子形の神像で表されています。
宝物殿
三重塔の右側に宝物殿がありますが、船を一便遅らせたため、
昼食時間を取る必要から今回も入館を控えました。
鐘楼
三重塔前の石段は手水舎の横へと下り、そこからは港までの石段が続いています。
石段を下った左側に鐘楼があります。
護摩堂
右側の石段上には護摩堂があります。
月定院
護摩堂の左側に月定院があります。
本坊
鐘楼から石段を下った右側に本坊の玄関があります。
瑞祥水
玄関の南側に地下水「瑞祥水」の井戸があります。
深さ230m(湖底130m)より汲み上げられています。
宝厳寺鳥居
「瑞祥水」から下る石段には、神仏習合時代を思わせる宝厳寺の鳥居が建ち、
山号「巌金山(がんこんさん)」の扁額が掲げられています。
竹生島神社鳥居
更に石段を下ると都久夫須麻神社への参道と分かれる所に
都久夫須麻神社の鳥居が建っています。
しかし、都久夫須麻神社へ向かうには、鳥居をくぐらず、手前を右に進みます。
直正
港に到着すると、彦根港から出航した近江マリンの「直正」が入港していました。
インターラーケン
コンビニ弁当で昼食を済ませると、12:30発今津港行が入港し、
今津港まで戻って長命寺へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

長命寺港
今津港を13:00過ぎに出発し、長命寺の麓に14:40頃に到着しました。
60km足らずの距離なのに、湖西道路が使えない悲しさで、途中休憩の時間を省き、
全体的な遅れを約1時間に短縮しました。
麓には長命寺港があります。
現在は長命寺山の東側は大中之湖干拓地が広がっていますが、
干拓以前の長命寺は島の中にあったそうです。
かつての巡礼者は、三十番札所の竹生島・宝厳寺から船で長命寺に参詣したそうです。
また、安土の城下に物資が運ばれた水上交通の要衝でもありました。
日吉神社
港から道路を渡った所に日吉神社があります。
創建の詳細は不明ですが、滋賀県神社庁の記録によると、「平安時代の承和3年(836)、
長命寺の僧・頼智が長命寺再興の際、
山王十禅寺を祀ったと長命寺文書にあるのを創立とする。
その後文政3年(1820)本殿改築の事、棟礼に記される、
明治九年村社に列せられた。」と記されています。
延暦7年(788)、延暦寺を開いた最澄は、大山咋神(おおやまくいのかみ)と
大物主神を地主神として延暦寺の守護神としました。
大山咋神は、もともと近江国日枝山(ひえのやま=比叡山)の神で、
大物主神は第38代・天智天皇が天智天皇7年(668)に大津京の鎮護のため
大和国三輪山から勧請しました。
延暦寺ではこの二神を「山王」と称し、天長2年(825)に天台宗の
第2代座主・円澄(えんちょう)が、延暦寺の西塔を開くと、東塔に対応する形で
地主神を祀るようになりました。
このようにして増えていった地主神の一尊が十禅寺(十禅師)だと思われます。
長命寺は頼智によって再興されてから、延暦寺西塔院領となりました。

現在の祭神は大山咋命(おおやまくいのみこと)で別名を
山末之大主神(やますえのおおぬしのかみ)とも称し、
背後の長命寺山(333m)の地主神として祀られています。
穀屋寺
日吉神社の右側に穀屋寺があり、推古天皇時代(592-628)に聖徳太子によって創建され、
本尊として聖徳太子が祀られています。
聖徳太子扁額
長命寺が推古天皇27年(619)に同じく聖徳太子によって創建されていますので、
同時期かそれ以降と思われます。

平成21年(2009)、穀屋寺から熊野観心十界曼荼羅(くまのかんしんじつかいまんだら)2点と
長命寺参詣曼荼羅3点が見つかりました。
十界曼荼羅は縦約141cm、横約110~113cm、同じ絵柄で、上部に誕生から死までの
人間の姿が描かれ、中下部に地獄や餓鬼、菩薩や仏など
仏教の世界観を表す「十界」を表現しています。
中央上部には十界のうち「仏界」の阿弥陀、薬師、釈迦の三仏が描かれています。
戦国時代末期と江戸時代後期の作とみられ、戦国時代末期のものは、
全国で確認された十界曼荼羅約60点の中で最古級とされています。

長命寺参詣曼荼羅は縦約154~約161cm、横約159~約180cmで、
長命寺の境内を上から眺めた視点で描かれています。
3点はそれぞれ戦国時代末期、江戸時代中期、同後期の作と推定されています。
長命寺は永正13年(1516)の兵火で焼失し、寺の再興のため、16世紀半ば頃から尼僧が
全国を歩きながら十界曼荼羅を用いて布教し、浄財を集め、穀屋寺は、
長命寺再建のため全国に寄付を募った僧や尼僧の拠点となりました。
参道入口の石段
穀屋寺から奥へ進むと石段があり、標高約250mにある本堂まで808段の石段の参道が続き、
約20分の時間を要します。
平成29年(2017)10月8日参拝時にはこの石段を上りましたが、
今回は時間短縮のため冠木門下の駐車場までバイクで登ることにしました。
休憩所
三重塔-再建
駐車場には休憩所があり、その前に重要文化財に指定され、平成25年(2013)に
屋根の葺替工事が行われた三重塔の説明書きがありました。
工事は既に完了し、修理現場の見学も終了しています。
冠木門
駐車場から参道に入ると、すぐ前に冠木門が見えます。
手水舎
門をくぐった右側に手水舎があります。
手水舎-石像
奥には石仏が祀られています。
書院
書院-屏風
書院は工事をされていたので、平成29年(2017)10月8日参拝時の画像を使用します。
閼伽井堂
本堂前まで登り右側へ進むと、本堂の裏側に当たる所に閼伽井堂があります。
天智天皇6年(667)に近江大津宮へ遷都した天智天皇は、
大津宮の鎮護と天下泰平を祈願するため長命寺に参拝しました。
その折、この古井戸で念仏を唱えたところ、水泡が浮かび出たことから
「念仏井戸」と呼ばれるようになりました。
閼伽井堂-堂内
閼伽井は今も清水を湛えています。
閼伽井堂-堂内の仏像
堂内上部には仏像が安置されています。
三重塔
閼伽井堂の右側にある石段を上った所に、天正17年(1589)に着手し8年かけて
慶長2年(1597)に再建された三重塔が建っています。
永正13年(1516)の兵火で焼失する以前には、
鎌倉時代の元応2年(1320)に建立された塔がありました。
現在の塔は、高さ24.35mで、県内に現存する三重塔七基の内、
二番目の高さを誇り、国の重要文化財に指定されています。
昭和40年(1965)には解体修理が行われています。

初重内部は須弥壇を設け、胎蔵界大日如来像(桃山時代)と
四天王像(鎌倉時代)が安置され、共に近江八幡市の文化財に指定されています。
大日如来像は像底の銘から天正17年(1589)、七条仏師の作と判明しました。
護摩堂
三重塔の左前奥に慶長11年(1606)に再建された護摩堂があり、
国の重要文化財に指定されています。
再建後間もなく、屋根の葺き替えで二重軒付に変更されましたが
、昭和49年(1974)の半解体修理で、一重軒付に復元されました。
桁行3間、梁間3間(4.863m)の宝形造り、檜皮葺、丹塗りの建物で、
堂内には本尊として不動明王像が安置されています。
本堂
三重塔の前から見る本堂。
現在の本堂は、寺の文書から室町時代の大永4年(1524)に再建されたと判明し、
国の重要文化財に指定されています。
長命寺は山号を姨綺耶山(いきやさん)と称する天台宗系単立の寺院です。
西国三十三観音霊場所・第31番、神仏霊場巡拝の道・第143番、聖徳太子霊跡・35番、
近江西国三十三所・第21番、近江七福神(毘沙門天)などの各札所になっています。

伝承によると、第12代景行天皇の時代(71~130)に、武内宿禰(たけしうちのすくね)が
この地で柳の木に「寿命長遠諸願成就」と彫り長寿を祈願し、
そのご利益があったのか300歳(360歳とも)の長寿を得られたと伝わります。
六処権現影向石
宿禰が祈願したとされる岩が本堂の裏にある
六処権現影向石(ろくしょごんげんようごうせき)で祈願石とも呼ばれています。
修多羅岩
また、境内には修多羅(すだら)岩があり、武内宿禰の御神体とされています。
修多羅とは仏教用語で天地開闢(かいびゃく)、天下泰平、子孫繁栄を意味します。

推古天皇27年(619)、この地を訪れた聖徳太子が宿禰が祈願した際に彫った文字を
発見し、感銘を受けてながめていると白髪の老人が現れ、
その木で仏像を彫りこの地に安置するよう告げました。
太子は早速、十一面観音を彫りこの地に安置し、宿禰の長寿にあやかり、
当寺を長命寺と名付けたと伝わります。

中世の長命寺は延暦寺・西塔の別院としての地位を保ち、近江守護・佐々木氏の
崇敬と庇護を受けて栄えていました。
しかし、永正13年(1516)、佐々木氏と伊庭氏の対立による兵火により伽藍は全焼しました。
本尊
書写山圓教寺の参道に祀られている千手観音像
本尊は、千手十一面聖観世音菩薩三尊一躯、つまり、千手観音、十一面観音、
聖観音(しょうかんのん)の3躯が長命寺の本尊とされています。
中央に千手観音像、向かって右に十一面観音像、左に聖観音像が安置され、
いずれも秘仏で、国の重要文化財に指定されています。
千手観音像は像高91.8cm、平安時代末期頃の作と推定されています。
十一面観音像は像高53.8cm、平安時代初期~中期の作と推定されています。
聖観音像は像高67.4cm、鎌倉時代の作と推定されています。
堂内、後の間には地蔵菩薩立像と薬師如来立像が安置されています。
三仏堂
本堂から三仏堂は渡廊下で結ばれています。
三仏堂は平安時代末期の元暦元年(1184)に佐々木秀義の菩提を弔うため、
その子・定綱によって建立されました。
永正13年(1516)に焼失後、室町時代の永禄8年(1565)に再建されたと推定され、
江戸時代の寛政5年(1793)に改造されています。

堂内には釈迦・阿弥陀・薬師の三仏(いずれも立像)が安置され、
県下でも数少ない持仏堂形式の貴重な遺構として、滋賀県の文化財に指定されています。
また、西国観音霊場の各本尊像が安置されています。
主痘神
三仏堂の左横に主痘神が祀られていますが、疱瘡神(ほうそうがみ/疱瘡=天然痘)が
祀られているのでしょうか?
護法権現社拝殿
渡廊下は、更に護法権現社拝殿へと結ばれています。
護法権現社拝殿及び渡廊下も残されていた墨書きから三仏堂と同じ、
永禄8年(1565)の再建と見られ、県の文化財に指定されています。
護法権現社
護法権現社本殿は、聖徳太子が長命寺を創建した際に、武内宿禰の霊を勧請し、
仏法を守護する護法神として祀ったのが始まりとされています。
現在の社殿は江戸時代後期の再建と推定されています。
右横には天神詞(てんじんのやしろ)がありますが、詳細は不明です。
意味不明-1
意味不明-2
本堂前の南側は琵琶湖の展望が開けていますが、その一角に
意味が理解できないものが祀られています。
経蔵
広場から西へ進むと経蔵と思われる土蔵がありますが、修理工事が行われていました。
太郎坊-鳥居
更に西へ進むと鳥居が建ち、横に石段がありますが、その奥にも石段が見え、
鳥居をくぐって奥へ進みます。
太郎坊-石標
石段の脇に太郎坊大権現の石標が建っています。
太郎坊-拝殿
拝殿
太郎坊-本殿
太郎坊大権現社は長命寺の総鎮守社となっています。
太郎坊-飛来石
社殿前の大きな岩は「飛来石」と呼ばれ、普門坊が愛宕山の岩を投げたとされています。
長命寺で修行した普門坊は、後に京都・愛宕山の愛宕権現を祀る白雲寺に住しました。
長命寺を懐かしみ愛宕山の岩を投げたのがこの岩と伝わります。
長命寺の寺伝では、第105代・後奈良天皇の時代(在位:1526年6月9日~1557年9月27日)に
長命寺にいた普門坊なる超人的力をもった僧が、寺を守護するため大天狗に変じ、
「太郎坊」と称したと伝わります。
「太郎」という名前には、最も優れたものや最も秀でたものとの意味が込められているそうです。
三上山
社殿前からは近江富士と呼ばれる三上山を正面に望むことができます。
陀枳尼天への石段
太郎坊大権現社の東側にある石段を上って進みます。
陀枳尼堂-1
陀枳尼堂-2
山側にに陀枳尼(だきに)天尊が祀られたお堂があります。
かっての、稲荷大明神が祀られた社殿がお堂の中に納められ、仏教の天尊に改められました。
如法行堂
陀枳尼堂の先の石段を下った所に如法行堂があり、堂内には「勝運・将軍地蔵尊」、
「智恵文殊菩薩」、「福徳・庚申(こうじん)尊」が安置されています。
鐘楼
如法行堂に隣接して建つ鐘楼は、上棟式の際に用いられた木槌の墨書きから
慶長13年(1608)に再建されたことが判明し、国の重要文化財に指定されています。
袴腰の柱の配置が下層は二間x二間(各面3.33m)ですが、上層は南北面、
東面は二間ですが西面のみ、撞木を吊る関係で三間(各面3.03m)にしたと考えられています。
鐘楼-梵鐘
梵鐘は鎌倉時代のものと見られ、県の文化財に指定されています。

日牟禮八幡宮(ひむれはちまんぐう)へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

八幡山
八幡山
日牟禮八幡宮は長命寺から南東方向にバイクで約15分走った所にあります。
正暦2年(991)に標高271.9mの八幡山の山上に創建され、
寛弘2年(1005)には遥拝の社として麓に建てられたのが現在の日牟禮八幡宮です。
豊臣秀次像
八幡公園に建立されている豊臣秀次像
天正13年(1585)、豊臣秀次が山上に八幡城を築城すると、
天正18年(1590)に山上の社は、麓の日牟禮八幡宮に合祀されることになりました。
八幡宮のすぐ近くには八幡山ロープウェーの乗り場がありますが、
八幡城は築城されてから秀次の死に伴い10年後に廃城となり、
現在は石垣を残すのみとなりました。

豊臣秀次は、天正18年(1590)に尾張国清洲城へ移封された後、
文禄4年(1595)に謀反の疑いで切腹を命じられ、28歳で生涯を閉じました。
本丸跡には秀次の母で豊臣秀吉の姉である日秀尼(にっしゅうに)が
開基した瑞龍寺(ずいりゅうじ)が、昭和36年(1961)に京都、今出川堀川から移転しています。
八幡掘
八幡城が築城された際に、八幡堀も開削されました。
琵琶湖から5kmに及ぶ掘割の全体は「八幡浦」と称され、大津・堅田と並んで
琵琶湖の三大港の一つとして数えられました。
この水運を利用した交易は大いに栄え、堀沿いには白壁の土蔵などが建ち並び、
八幡城が廃城となってからも商家町として賑わいました。
「八幡商人」と呼ばれ、近江商人を代表するような存在となりました。
八幡宮鳥居
堀には橋が架かり、橋のたもとには日牟禮八幡宮の鳥居が建っています。
白雲館
また、鳥居から車道を挟んだ向かい側には明治10年(1877)に
建築された「白雲館」があります。
当初は学校として使用され、その後は役場や信用金庫の建物となり、
平成6年(1994)に建設当初の姿に復元されました。
現在は観光案内所などとして使用されています。
八幡掘+船
鳥居をくぐり、橋を渡っていると水郷巡りの船が通り過ぎて行きました。
エイリアンのような木-1
橋を渡った左側のイチョウの木はエイリアンを思わせます。
落雷で裂けたのでしょうか?
黒く焦げたイチョウの大樹の中に、何本もの細い木が寄生しているように見えます。
神門
神門には随身像が安置されていますが、ガラスと金網に阻まれ画像に収めるのが困難です。
神門+鳩
門には神使いとされている鳩が羽を休めていました。
狛犬-右
狛犬-左
門の裏側には狛犬が安置されています。
手水舎
門を入った左側に手水舎があり、背後に絵馬殿があります。
子供左義長
子供左義長のダシでしょうか?
毎年3月14、15日に近い土・日に行われる左義長祭は、豊臣秀次が八幡城を築城し、
麓を城下町として整備したことにより、日牟禮八幡宮の祭礼となったと伝わります。
左義長は、本来は正月の行事で、織田信長が安土城下で
盛大に行っていたことが記録に残されています。
豊臣秀次が城下を開くと、安土の人々も移住してきましたが、毎年4月14日前の
日曜日に行われる八幡祭の荘厳さに対抗するように3月に左義長祭が
行われるようになったと伝わります。
左義長祭と八幡祭は平成4年(1992)に国の無形民俗文化財に選定されました。
能舞台
門を入った右側には能舞台があります。
明治32年(1899)の能舞台改築の際、日牟禮八幡宮の能楽「日觸詣(ひむれもうで)」が
完成し、この舞台で初演されました。
神馬
境内には神馬が奉納されています。
拝殿
門の正面には拝殿があります。
社伝によれば、第13代・成務天皇(せいむてんのう/在位:131~190年)が、
志賀高穴穂宮(しがのたかあなほのみや=現在の滋賀県大津市穴太)で即位した際に、
武内宿禰(たけしうちのすくね)に命じ、現在地に地主神である
大嶋大神を祀られたのが、始まりとされています。
応神天皇6年(275)、第15代・応神天皇(在位:270~312年)が近江に行幸した際、
奥津島神社を参詣し、その神社の付近に御座所を設けたと伝わります。
奥津島神社と大嶋神社は、延文6年(1361)以前に現在の近江八幡市北津田町に遷座され、
「大嶋神社」と「奥津嶋神社」の二社が並び建っています。
その行幸の帰途、天皇は宇治の木幡村で日触使主(ひふれのおみ)の
娘・宮主宅媛(みやぬしやかひめ)と出会い、后としました。
二人の間に生まれたのが菟道雅郎子(うじのわきいらつこ)で、百済から来朝した
阿直岐(あちき)と王仁(わに)を師に典籍を学び、父・応神天皇から寵愛されました。
菟道雅郎子は異母兄の大鷦鷯尊(おおさざきのみこと=仁徳天皇)に
皇位を譲るべく自殺したとされています。

御座所跡には、その後、日輪の形を2つ見るとの奇端があり、祠を建てて
「日群之社八幡宮」と称し、持統天皇5年(691)に藤原不比等が参拝し、
詠んだ和歌に因んで比牟礼社と改められたと伝わります。
しかし、八幡宮の総本社である宇佐八幡宮が創建されたのは神亀2年(725)で、
それ以前に八幡宮と称されたかは疑問が残ります。
宇佐八幡宮が創建された後、日触使主を祖とする王仁氏(和珥氏)や
櫟井氏(いちいうじ)がこの地に定住したことで、所縁のある応神天皇を
八幡神として祀ったとのではないかと想像されます。
鳩の像
拝殿の片隅には向かい合う二羽の鳩の像が金色に輝いています。
本殿
拝殿横の石段を上った所に本殿があります。
正暦2年(991)、第66代・一條天皇の勅願により、法華峰(八幡山)に社を建て、
宇佐八幡宮を勧請して、上の八幡宮が創建されました。
寛弘2年(1005)には遥拝の社を「下の社」として麓に建立され、
これが現在の日牟禮八幡宮と推定されています。
天正13年(1585)、四国を平定したことで豊臣秀次は、近江国の蒲生・甲賀・野洲・
坂田・浅井の5郡を領地とし、八幡山城を築いて居城としました。
日牟禮八幡宮の上の社は下の社へ合祀され、
山頂の尾根には三層の天守閣が築かれました。
上の社は日杉山に建設される予定でしたが、豊臣秀次が切腹となって
八幡城も廃城となり、上の社の計画は立ち消えとなりました。

日牟禮八幡宮の祭神・八幡大神とは、誉田別命(ほんだわけのみこと) 、
息長帯姫命(おきながたらしひめのみこと)、
比咩大神(ひめおおかみ)の三柱を総称したものです。
誉田別命は第15代・応神天皇で、息長帯姫命(神功皇后)は応神天皇の母親です。
比咩大神は、多紀理毘売命(たぎりびめ)、市寸島姫命(いちきしまひめ)、
多岐津比売命(たぎつひめ)の宗像三女神を指し、
神功皇后は三韓征伐の際、宗像三女神に航海の安全を祈願したと伝わります。
天満宮-鳥居
本殿の左側には、「天満宮」の扁額が掲げられた鳥居が建ち、中央に天満宮、
右に宮比社、左に常磐社が祀られています。
天満宮
天満宮は菅原道真を祭神とし、元は宮内町で祀られていたものが遷座されました。
社前には白と黒の臥牛像が奉納されています。
宮比社
宮比社には天宇受売命(あめのうずめのみこと)が祀られ、
古くから百太夫社(ももだゆうしゃ)が合祀されています。
天宇受売命は、天照大御神の岩戸隠れ際、胸をあらわにして
妖艶な舞いを踊ったとされています。
百太夫社は西宮神社にも祀られ、人形遣い(傀儡師=くぐつし)達に信仰されていました。
その人形遣い達は後に淡路島へ移り、人形浄瑠璃を生み出しました。
宮比社は芸能の神かと思われますが、百太夫社には疱瘡(天然痘)に霊験のある神とされ、
庶民信仰では子供の病気予防のため、御神体の顔に塗られたおしろいを
子供の額に付けて、健康に育つようにとする習わしがありました。
常磐社
常磐社は、天照大御神、豊受大神、熱田大神、津嶋大神が祀られています。
天保13年(1842)八幡が尾張藩領になったのを機に、嘉永元年(1848)に
尾張地方に関係のある諸神を祀り城山に創建されました。
明治2年(1872)に繁元稲荷と共に現在地に遷座されました。
三社殿
北側には愛宕神社、子安神社、秋葉神社が合祀された社殿があります。
祈祷所-1
祈祷所-2
本殿の右側に祈祷所があり、本殿と渡り廊下で結ばれています。
大島神社
祈祷所の右側に大島神社があり、大国主命と
大鷦鷯尊(おおさざきのみこと=仁徳天皇)が祀られています。
「八幡宮遷座以前の地主神と伝え、徳川時代までは大嶋大明神または
両神と称した」と記されていますが、平安時代の延喜式神名帳に
記載されている大嶋神社は、近江八幡市北津田町の大嶋奥津嶋神社が比定されています。
神輿庫
大島神社の右側に神輿庫があります。
繁元稲荷神社
神輿庫の右側に繁元稲荷神社があり、宇加之御魂神(うかのみたまのかみ)が祀られています。
江戸時代の享保2年(1717)に稲荷山に勧請され、天保13年(1842)に当地が
尾張藩領になったとき山祇神(やまづみのかみ=山の神)が合祀されました。
以来、代官所の鎮守として祀られていましたが、明治22年(1889)に現在地に
遷座され、大正2年(1913)に幾つかの稲荷社が合祀されました。
八坂神社
繁元稲荷神社の右側に八坂神社があり、建速須佐雄命(たけはやすさのおのみこと)と
少彦名命(すくなひこなのみこと)が祀られています。
明治の神仏分離令以前は「牛頭天王社(ごずてんのうしゃ)」とも称されていましたが、
以後は同体とされる建速須佐雄命へ祭神が変更されました。
大正5年(1916)に粟島神社が合祀されています。
恵比須神社
八坂神社の右側に恵比須神社があり、事代主命(ことしろぬしのみこと)と
金山彦命(かなやまひこのみこと)が祀られています。
西宮神社から分霊し、もと新町に鎮座してましたが、現在地に遷座されました。
大正3年(1914)に針の社を合祀されました。
岩戸神社
恵比須神社の右側に岩戸神社があり、 憧賢木厳之御魂天疎向津媛命
(つきさかき・ いつのみたま・あまさかる・むかつひめのみこと)が祀られています。
憧賢木厳之御魂天疎向津媛命は伊勢国の五十鈴宮に坐す神とあり、
「往年、近江の人は毎年伊勢神宮に参詣していたが、
それができない年の代参の社」として祀られていたようです。

次回は百済寺から桑実寺(くわのみでら)を巡ります。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ