カテゴリ:兵庫県 > 但馬地域(豊岡市・朝来市・新温泉町・養父市)

鯉のぼり
自宅を5:30に発ち、国道9号線から県道4号線に入って進んだ先で、
左側を流れる矢田川に鯉のぼりが渡されていました。
長楽寺
山側には東大寺・大仏殿に似た建物と、
日本第二位の高さを誇る70mの五重塔が建立されています。
長楽寺は「但馬大仏」とも呼ばれていますが、奈良時代の天平年間(729~749)に
行基がこの地に足を留め、自ら一刀三拝して薬師如来像を刻み、
安置したことが始まりとされています。
天平9年(737)には六坊及び三重塔の七堂伽藍が創建され、八鹿山薬師寺と称しました。
延暦年間には弘法大師も訪れたと伝わる由緒ある古刹です。
天文年間(1532~1555)に洪水災害によって流失し、天文11年(1543)に現在地で再建され、
川会山長楽寺と改められました。
しかし、江戸時代から明治時代までの度重なる火災により、古建築と文化財の大半は焼失しました。
昭和61年(1986)に大阪の相互タクシー株式会社の創業者で「タクシー王」と呼ばれた
故・多田清氏の寄進により、現在の伽藍が着工されることになりました。
大仏殿は高さ40mの重層寄棟造りで、屋根には対の鴟尾(しび)が光り輝いています。
この鴟尾は高さ2.7m、重さが1.1tあり、1.8万枚の金箔が貼られています。
大仏殿の中央には、木造座像としては世界最大の像高15.8mで、
光背と須彌壇と蓮座で総高は25.3mにもなる釈迦如来坐像が安置されています。
中尊の左側には像高15.2mの阿弥陀如来坐像、
右側には像高15.2mの薬師如来坐像が安置されています。
これらの三躯の仏像は中国人仏師延べ2万人余りが、3年の歳月をかけて製作し、
日本に運ばれ大仏殿で組み立てられました。
樟材の寄せ木作りに、金箔132万枚(21.8kg)が使用され、
平成6年(1994)4月に落慶開眼されました。

大仏殿の北側には本堂(薬師堂)があり、薬師瑠璃光如来像が安置されていますが、
7年ごとに10日間だけ開扉される秘仏とされています。
但し、行基が刻んだとされる薬師如来像は焼失したそうです。

大門には像高8.2m、重量9.5tの阿形像と像高8.4m、重量10tの吽形像が安置されています。
大門と大仏殿は、直径42cmの欅の柱と桧で軒、天井が作られた回廊で結ばれ、
その長さは100m近くにも及びます。
開門は午前9時からで、30分以上待たなければならないので
最初の目的地である大乗寺へ向かうことにしました。
山門
大乗寺は山号を亀居山と号する高野山真言宗の寺院で、
西国薬師四十九霊場・第28番札所となっています。
江戸中期の画家・円山応挙やその一門の画家たちの襖絵など、重要文化財に指定されている
165点が残され通称で「応挙寺」と呼ばれています。
駐車場からは石段があり、その上にある山門は兵庫県の文化財に指定されています。
客殿
山門をくぐった正面に客殿があり、県の文化財に指定されています。
大乗寺は天平17年(745)に行基が自ら一刀三拝して聖観世音菩薩像を刻み、
安置したことが始まりとされています。
その後、戦乱を受け寺勢は衰退し、安永年間(1772~1781)になって密蔵法印により再興されました。
円山応挙像
大玄関には円山応挙像が祀られています。
円山応挙は享保18年(1733)に穴太寺がある、穴太村の農家の次男として生まれました。
生い立ちについての詳細はこちらをご覧ください。

水嶋 元(はじめ)氏の著書「円山応挙伝 報恩の画」によると、
密蔵法印は京都東寺に向かう途中、絵師になる志を持ち裸一貫で
京に上ろうとする応挙と出会い、金銭を与え励ましたと記されています。

応挙は明和3年(1766)頃から「応挙」と名乗り始めました。
中国宋末~元初の画家・銭舜挙(せん しゅんきょ)に応ずるという
意味が込められているとされています。
この頃、圓満院の祐常(ゆうじょう)門主や豪商・三井家の援助を受け、
圓満院時代と呼ばれるほど多くの作品を生み出しました。

天明6年(1786)に密蔵法印が亡くなり、翌年、後を継いで再建に乗り出した
密英上人が京都に出かけ、応挙に襖絵製作を依頼しました。
客殿は中央に仏間があり、十一面観音立像が安置され、その周囲の部屋には
四天王が守護するのと同様の意味を持たせた図が描かれて
立体曼荼羅の空間が形成されています。
また、オリジナルの襖絵保護のため、一部が平成15年(2003)5月に竣工した
収蔵庫で保管され、再製画に置き換えられています。
楠の根
客殿前の楠木は樹齢1200年と伝わりますが、根の部分だけ撮って、
木そのものを撮るのを忘れました。
欅の巨木
山門をくぐった左側には欅の巨木が聳えています。
鐘楼
客殿前を左に進み石段を上った左側に鐘楼があります。
薬師堂
鐘楼先の石段を上った所に瑠璃光殿の扁額が掲げられた薬師堂があります。
薬師堂-本尊
瑠璃光殿の本尊・薬師如来坐像は西国薬師四十九霊場・第28番札所本尊でもあり、
県の文化財に指定されています。
鎮守社-1
鎮守社-2
薬師堂と観音堂の間にある石段を上った所に鎮守社があります。
観音堂
薬師堂の右側に観音堂があり、「大悲殿」の扁額が掲げられています。
観音堂には聖観世音菩薩立像、四天王立像が安置され、聖観世音菩薩立像は
国の重要文化財、四天王立像は県の文化財に指定されています。
地蔵堂-1
地蔵堂-2
観音堂の奥に地蔵像があり、水子地蔵尊が祀られています。

客殿の右側にある庫裡から客殿の拝観ができますが、室内の撮影は禁止されています。
拝観料は800円で、ガイドの説明があり、所要時間は約40分です。

山陰海岸国立公園内にあり、国の名称に指定されている岡見公園へ向かいます。
続く

岡見公園-1
大乗寺から北方向へ10分余りバイクで走った所に岡見公園があり、10:45に到着しました。
予定していた遍照寺を飛ばしたので、予定より30分近く早く着きました。
岡見公園-2
岡見公園は、香住海岸から北に突き出た城山半島と呼ばれる岬の先端に位置する公園で、
かっては離島であったと伝わります。
矢田川と香住谷川により運ばれた土砂が、北西の風に運ばれて堆積し、
陸続きになったとされています。
山陰海岸国立公園内にあって、国の名勝に指定されています。
ユリ科のゆうすげの群生地で、7月中旬~8月初めにかけて、
夕陽の染まる頃に直径約15cmの淡黄色(レモンイエロー)の花を咲かせるそうです。
海に沈む夕日の名所として知られ、ゆうすげの群生は香住町の天然記念物に指定されています。
岡見公園-柱状節理
西側にある城山の頂上には「塔の尾城」(1336~1580)がありましたが、今は荒地だそうです。
岩肌には柱状節理が見られます。
今から300万年前から1万年前後、但馬地方一帯では火山活動が活発で、
頻繁に噴火が起こっていました。
但馬海岸は、約160万年万年前に流れた玄武岩や花崗岩の溶岩で構成され、
現在の姿となったと考えられています。
岡見公園-展望台
東側には展望台があり、なぜか大きな石灯籠が据えられ、背後に白石島が望めます。
岡見公園-堤防
南側には堤防が築かれ、港があるようです。
かえる島-1
岡見公園から東方向にバイクで約10分走った所に「かえる島」がありますが、
島全体を見れば亀のように見えます。
かえる島-2
手前の岩を見ればガマガエルのように見え、納得かな~との気分にもなれます。
大引の鼻展望台-陸側
北への遊歩道があり、10分足らず歩くと「大引の鼻展望台」があります。
大引の鼻は香住湾の東端に、北に向かって切立つ長さ約200mの岬で、
安山岩の断層崩壊により形成されたと考えられています。
展望台手前の右側に見える切り立った断崖には洞門も見えます。
大引の鼻展望台
展望台からは、手前に黒島、その奥の小さな島の奥に岡見公園からも見えた白石島が望めます。
牛に似た岩
白石島の先端にある岩は「牛に似た岩」と呼ばれ、岡見公園からは反対側になるので
ここでしか見えません。

「但馬漁火ライン」と呼ばれる県道を経て温泉寺へ向かいますが、
途中の食堂で食べた刺身定食は800円と、以外とリーズナブルで美味でした。
続く

仁王門
12:30に城崎ロープウェイの駐車場に着き、駐車場から北へ進んだ所に江戸時代の
明和年間(1764~1772)に再建された仁王門があります。
画像はありませんが、楼上に掲げられている扁額「末代山」は、能書家として知られる
後西天皇の皇女・理豊女王(りほうじょおう)の筆によるものです。
理豊女王は天和3年(1683)に宝鏡寺に入り、理忠女王のもとで得度して元禄2年(1689)に
宝鏡寺22世門跡となり、寺勢の興隆につとめ宝鏡寺中興の祖ともされています。
仁王像-左
仁王像-右
門の左右に安置されている仁王像は運慶・湛慶作と伝わり、
兵庫県の文化財に指定されています。
十王堂
門をくぐった右側に延宝9年(1681)に建立された十王堂があります。
十王堂-堂内
堂内には中央に閻魔大王と、その両側に閻魔大王を含めて地獄で亡者の審判を行う10尊、
及び蓮華王、祇園王、法界王を加えた13躯の石像が祀られています。
聖天堂
左側の聖天堂には大聖歓喜天が本尊として祀られていますが、
右側に隣接する建物の詳細は不明です。
金毘羅寺
奥に進んだ所に金毘羅寺がありますが、このお堂一つのようです。
金毘羅大権現
金毘羅大権現が本尊として祀られています。
薬師堂
参道の左側に文化年間(1804~1817)に再建された薬師堂があります。
総欅造り、四間四方の宝形造りで四方縁勾欄付の建物で、
国の有形文化財に登録されています。
本尊は薬師如来で、日光・月光の両菩薩を脇侍とし、
その周囲を十二神将等で守護されています。
西国薬師四十九霊場・第29番の札所本尊であり、城崎温泉とその入湯客を守護する
薬師如来として信仰を集めています。
薬師の湯
薬師堂の向かいには、薬師湯の湯飲み場があります。
本堂への石段
本堂へは城崎ロープウェイの中間駅(温泉寺駅)で下車するか、参道の450段の石段を上ります。
石段の右側の紐は本堂へと繋がれ、麓からでも本尊と結ばれることができます。
本堂
薬師堂から約15分登った所に至徳年間(1384~87)に再建された本堂があり、
国の重要文化財に指定されています。
5間4面で和様・禅宗様・大仏様が折衷された建物で、
本尊として十一面観世音菩薩立像が安置されています。
大和・長谷寺の観音像と同木同作とされ、国の重要文化財に指定されています。
33年毎に開帳される秘仏とされ、平成30年(2018)4月23日から3年間開帳されています。
また、毎年4月23・24日の開山忌(温泉まつり)には特別開帳されます。
本尊を祀る厨子の周囲には、平安時代後期の仏像に共通する特色を持ち、
県の文化財に指定されている四天王像が安置されています。
鐘楼-1
鐘楼-2
本堂の左側の石段を上った所に万治元年(1658)に建立された鐘楼があります。
多宝塔-1
更にその先の石段上の正面には明和4年(1767)に再建された多宝塔があり、
豊岡市の文化財に指定されています。
多宝塔-2
南北朝時代の創建で、その時代の様式を踏襲し、屋根がやや大きめに再建されています。
塔内には金剛界の大日如来坐像が安置されています。
開山堂
多宝塔の右側に開山堂があります。
開山堂-堂内
堂内には開山・道智上人の墓碑が祀られています。
温泉寺は養老4年(720)に城崎温泉を開いた道智上人が、天平10年(738)に
大和・長谷寺と同木同作の十一面観世音菩薩立像を得て、寺を開創したと伝わります。
稽文会(けい もんえ)と弟の稽主勲(けい しゅくん)は長谷寺の観音像を刻み、
もう一躯の観音像を造ろうとしたのですが完成せず、海に投じました。
稽文会が湯治でこの地を訪れ、円山川河口近くの田結庄で漂着しているこの像を見つけました。
仏縁の不思議さを感じた稽文会は、像を完成させ、
道智上人を迎えて温泉寺を開創したと伝わります。
第45代・聖武天皇から城崎温泉の守護寺として、
「末代山温泉寺」の山号と寺号を賜ったとされています。

多宝塔の左側から山頂への登山道が続き、山頂には奥之院がありますが、
今回は時間の都合で見合わせました。
本坊
本堂まで戻り、本堂の先に本坊があります。
本坊・持仏堂には空海作と伝わり、重要文化財に指定されている
千手観音立像が安置されています。
中間駅
本坊前にロープウェイの中間駅がありますが、当日は運休中でした。
本坊前からの展望
駅前からは城崎の温泉街が少しだけ見えます。

下山して温泉で汗を流したい気持ちもありますが、温泉街を走り抜け、玄武洞へ向かいます。
続く

標識
城崎温泉から円山川沿いに上流に向かって走っていたのですが、「玄武洞」の標識が目に留まり、
橋を渡って川の下流へと戻りました。
玄武洞の無料駐車場があり、駐車所の向かいに玄武洞ミュージアムがありますが休館でした。
駐車所から数分登った所に玄武洞があります。
山陰海岸国立公園に含まれ、国の天然記念物に指定されています。
今から300万年から1万年前頃に但馬地域一帯では、
火山活動が活発で盛んに噴火が起こっていました。
玄武洞の付近は約160万年前に流れ出た玄武岩の溶岩で構成され、
火山の形は残されていませんが、円山川をはさんだ対岸の地域まで覆う
火山活動があったと推定されています。
玄武洞
山頂から流れ出たマグマが冷えて固まる時に、規則正しいきれいな割れ目(節理)が作られました。
その後、河川による侵食で玄武岩塊が露出すると、切り出しやすかったことから
盛んに採石が行われるようになりました。
現在の玄武洞は採石跡です。
江戸時代後期の文化4年(1807)に幕府の儒学者・柴野栗山(しばの りつざん)が
ここを訪れ伝説上の動物・玄武の姿に見えることから「玄武洞」と名付けました。
また、明治17年(1884)に岩石の日本名を制定する際、東京大学の地質学者・小藤文次郎は、
玄武洞の名に因んで「玄武岩」と命名しました。
大正15年(1931)には京都大学の松山基範博士が、
玄武洞の石の磁性の方向が今と反対の南を向いていることを発見しました。
この玄武岩が出来たときの地磁気の向きが現在と反対の向きであったと判断し、
かつて地球の磁場が反転したとする説を発表しました。
これはその後広く認められるようになり、現在では260万年前から78万年前までは現在と
反対向きであったことが認められ、「松山逆磁極期」と呼ばれています。
成田山不動尊
玄武洞の右前方に成田山不動尊を祀る祠があります。
青龍洞-1
玄武洞から右側(南)へ進んだ先に青龍洞があります。
青龍洞-2
高さ33m、15mにも及ぶ長い柱状節理が見られ、国の天然記念物に指定されています。
青龍洞-3
下には水が溜まり、その中には石灯籠が立っています。
白虎洞
玄武洞まで戻り、玄武洞から左側(北)へ進んだ所に白虎洞があります。
白虎洞は規模は小さいですが、水平方向に伸びた柱状節理の断面を間近に見ることができます。
一般に柱状節理は、ゆっくりと冷えた所ほど太くなり、白虎洞の柱状節理は垂直方向に
伸びている節理よりも細いことから、この付近では溶岩が速く冷え、周縁部に近かったと判断されます。
南朱雀洞
白虎洞から更に北へ進むと東向きに南朱雀洞があります。
南朱雀洞は、柱状節理の断面を間近に見ることができます。
北朱雀洞
南朱雀洞の先に北向きの北朱雀洞があります。
北朱雀洞は、垂直方向の節理が上部に向かって徐々に水平方向に
変化して行く様子を観察できます。

北朱雀洞から駐車場へと下り、

出石神社へ向かいます。
続く

鳥居
15:00の少し前に出石神社の駐車場に到着しました。
駐車場前に木製の両部鳥居が建ち、右側の狛犬の斜め後ろには
「国幣中社 出石神社」と刻まれた石標が建っています。
延長5年(927)成立の『延喜式』神名帳では名神大社に列せられ、
中世・近世には但馬国の一宮にも位置づけられました。
明治4年(1871)5月に制定された近代社格制度では国幣中社に列し、
現在は神社本庁の別表神社となっています。
神門
鳥居をくぐった先に神門があります。
八脚門で、鮮やかな丹塗が施されています。
旧鳥居残欠
門の脇に旧鳥居の残欠が置かれています。
平安時代の遺物で、昭和8年(1933)の出石川改修に伴い、鳥居橋・橋脚工事中に地中から、
この鳥居の両側の元口とその下から多数の古銭が発見されました。
神社から西方約700m離れた鳥居橋周辺には「鳥居」の地名が残されています。
また、伝承ではこの鳥居が二の鳥居で、更に鳥居橋から約3km離れた
狭間坂(豊岡市出石町方間)に一の鳥居があったとされ、
広大な社領地を有していたと考えられています。
社務所
神門をくぐった左側に社務所があります。
拝殿
正面に拝殿があります。

狛犬-左狛犬-右























拝殿には木製の狛犬が祀られています。
出石神社は兵庫県豊岡市出石町宮内にあり、かってはこの地が周辺一帯の中心地でした。
鎌倉時代の弘安8年(1285)に編纂された『但馬国大田文』では、
「出石大社の社領田は141町余」との記載があり、
但馬国一宮の位置付けにあったとされています。
しかし、永正元年(1504)に山名氏内紛による兵火で神宮寺の総持寺と共に社殿を焼失し、
大永4年(1524)になって社殿再興の勧進状が起草され、再建されたと推定されています。
天正2年(1574)に山名氏が居城を此隅山城(このすみやまじょう)から
有子山城(ありこやまじょう)へ、後に出石城に移してからは、
神社から約2km南へ離れた現在の市街地が発展するようになりました。
天正8年(1580)には羽柴秀吉が但馬地方を平定し、それまで神社を崇敬した
山名氏は但馬を去り、社領も没収されて社勢は衰微しました。
江戸時代になると出石藩主・小出氏の崇敬を受け、延宝4年(1676)に門の造営が行われ、
天和2年(1682)には小出氏の屋敷地・田地が寄進されました。
明和7年(1770)に本殿、安永3年(1774)に社殿が造営されましたが、
明治43年(1910)に発生した火災で焼失し、現在の社殿は大正3年(1914)に再建されました。
本殿
本殿
出石神社の創建は不詳ですが、『日本書紀』や『古事記』に記述が残され、
その歴史は第11代・垂仁天皇(在位:BC29~70)まで遡るとされています。
『日本書紀』によると出石神社の祭神・天日槍(あめのひぼこ)は、
垂仁天皇3年(BC27)3月に播磨国に渡来しました。
天日槍は新羅の王子で、日本への帰属を願って海を渡り、天皇に八種の宝物を献上しました。
天皇は天日槍に播磨国宍粟邑(しそうむら)と淡路島出浅邑の2邑に居住を許しましたが、
天日槍は諸国を遍歴し適地を探すことを願ったので、これを許しました。
そこで天日槍は、菟道河(宇治川)を遡って近江国吾名邑(あなむら)にしばらく滞在し、
近江国鏡村の谷の陶人(すえびと)が天日槍の従者となりました。
近江から若狭国を経て但馬国に至って居住した天日槍は、
但馬国出島(出石に同じ)の太耳の娘の麻多烏(またお)を娶り、
麻多烏との間に子孫を儲けました。

また、『古事記』では「天之日矛」と表記され、逃げた妻を追って日本に渡来し、
難波を目指しました。
しかし、浪速の渡の神(なみはやのわたりのかみ)に遮られ入港が叶わず、
新羅に帰ろうとして但馬国に停泊し、そのまま但馬国に留まり
多遅摩之俣尾(たじまのまたお)の娘の前津見(さきつみ)を娶り
子孫を儲けたと記されています。

社伝では天日槍は、当時の但馬が泥水で充満していたのを見、
円山川河口の岩石を切り開いて泥水を日本海へと流し、
肥沃な平野としたと伝えています。

出石神社は天日槍から3代目の子孫・多遅麻比那良岐命(たじまひならきのみこと)が
祖神の天日槍を祀ったことが始まりとされています。
余談ですが、多遅麻比那良岐命の子・多遅摩比多訶(たじまひたか)が姪にあたる
由良度美(ゆらどみ)を娶って産んだ子が高額比売命

(たかぬかひめのみこと)で、神功皇后の母親となります。

出石神社では、天日槍命と天日槍命が但馬国に納めたとされる
八種の神宝が「伊豆志八前大神(いづしやまえのおおかみ)」として祀られています。
夢見稲荷社
境内社として右側に夢見稲荷社、左側に比賣社があります。

市杵島比賣神社天神社










そして左・市杵島比賣神社と右・天神社があり、
画像はありませんが、境内東北隅の一角に、
広さ1,000㎡に及ぶ禁足地があります。






辰鼓楼
出石神社から南へ10分足らず走った所に辰鼓楼(しんころう)があります。
明治の廃城令で出石城は取り壊されることになりましたが、三の丸・大手門の
石垣を利用して、明治4年(1871)に辰鼓楼が建設されました。
高さ13mの4階建てで、当初は文字通り太鼓を叩いて時刻を知らせていましたが、
明治14年(1881)に地元の医師から時計が寄付され、以後時計台となりました。
同年に札幌時計台も開設され、共に日本最古の時計台となっています。
出石城-隅櫓
辰鼓楼から東へ進んだ所に出石城跡があります。
但馬国守護となった山名時義が、出石神社の北側の此隅山に、
此隅山城(このすみやまじょう)を築いたのですが、永禄12年(1569)年に織田軍の
羽柴秀吉による但馬平定で落城しました。
山名祐豊(やまな すけとよ)は、今井宗久の仲介によって織田信長と和睦して領地に復帰し、
天正2年(1574)に標高321mの有子山山頂を天守とする有子山城(ありこやまじょう)を築き、
本拠としました。
しかし、毛利氏方についたため、天正8年(1580)に羽柴秀吉による
第二次但馬征伐で有子山城も落城、但馬国山名氏は滅亡しました。

その後、天正13年(1585)から前野長康、文禄4年(1595)からは小出吉政が城主となりました。
慶長9年(1604)には小出吉英により、有子山城の山上の丸および天守部分が廃され、
有子山城山麓の郭および館のみを出石城と命名し幕府に居城として届けました。
それにともない平地に、堀で囲まれた三の丸が築かれ、下郭、二の丸、本丸、
稲荷丸が階段状に築かれました。
城主の居館も成り、このとき城下町も整備され、出石の町並みが形成されました。
江戸時代は一国一城令により、出石城が但馬国唯一の城郭となり、
出石藩の藩庁が置かれました。
宝永3年(1706)に仙石政明が入城し、廃藩置県まで仙石氏の居城となりましたが、
明治の廃城令で取り壊しとなりました。
出石城-登城橋
現在は隅櫓、登城門・登城橋などが復元され、
堀の周囲一帯は登城橋河川公園として整備されています。

次回は奈良市の般若寺から京都府木津川市の笠置寺及び海住山寺を巡ります。

↑このページのトップヘ