タグ:西国三十三所観音霊場

山門
下御霊神社から更に南下すると行願寺があります。
山号を「霊麀山(れいゆうざん)」と号する天台宗の尼寺で、
神仏霊場・第114番の札所となっています。
寛弘元年(1004)、行円により一条小川の一条北辺堂跡に創建されました。
京都御苑の西方には、付近に革堂町、革堂仲之町、革堂西町の町名が残されています。 
行円は仏門に入る前は猟師で、ある時、山で身ごもった雌鹿を射たところ、その腹から
子鹿の誕生するのを見、殺生の非を悟って仏門に入ったと伝わります。
行円はその鹿の皮を常に身につけていたことから、「皮聖」、「皮聖人」などと呼ばれ、
寺の名も「革堂(こうどう)」と呼ばれました。
行願寺はその後、度々の火災で焼失、再建を繰り返し、天正18年(1590)に豊臣秀吉による都市計画のため、寺町荒神口へ移転しました。
宝永5年(1708)の大火の後に現在地で再建されましたが、
天明8年(1788)の大火でも焼失しました。
山門は元治元年7月19日(1864年8月20日)の禁門の変(蛤御門の変)で焼失し、
その後再建されました。
行願寺は戦後荒廃していましたが、昭和44年(1969年)から中島湛海尼が住職となって
寺を再興し、名誉住職となりました。
湛海尼は昭和63年(1988)に尼僧で初めて天台宗最高位の大僧正になりましたが、
平成18年(2006)10月28日に91歳で亡くなりました。
手水舎
山門を入った左側に手水舎があります。
本堂-1
門を入った正面に本堂があります。
現在の本堂は文化12年(1815)に再建されたもので、
京都市の有形文化財に指定されています。
本堂-2
本尊は像高2.5mの千手観世音菩薩像で、行円が上賀茂神社のご神木を得て
3年をかけて自ら刻んだと伝わります。
本尊は秘仏とされ、毎年1月の17と18日のみ開帳されます。
加茂明神塔
境内の西北隅にある五輪塔は「加茂明神石塔」と称され、行円が上賀茂神社のご神木を
得た報恩として、加茂明神を勧請したと伝わります。
かっては、石塔前に鳥居が建っていたそうです。
百体地蔵堂
その東側に百体地蔵堂があり、多くの地蔵尊や石仏、石塔が祀られています。
鐘楼
更にその東側には文化元年(1804)に再建された鐘楼があり、
京都市の有形文化財に指定されています。
梵鐘
鐘は許可なく撞くことはできませんので、勝手に撞かないよう、
時々猫が見張りをしています。
鎮宅霊符神堂
鐘楼の東側に鎮宅霊符神堂があります。
鎮宅とは、家宅の災禍を祓い消し鎮めるとの義で、下記のような由来があります。
『風水・宅相に精通していた漢の孝文帝が、あるとき孔農県に行幸されました。
滅茶苦茶凶相の地に、立派な邸宅のあるのを怪しみ、その主人をよんで尋ねたところ、
「その昔、災禍打ち続きど貧民となり不幸のどん底にありました。
ある時、いずこともなく書生二人が現れ、七十二霊符を伝授され、
十年にして大富豪となり、二十年にして子孫栄え、三十年にして天子までが訪ねて
来るであろうと預言し、忽然と消えた」と答えました。
孝文帝はこの霊符の法を深く信仰し、天下に伝えた』と伝わります。
但し、単に霊符を書いて壁に貼っておくだけでは駄目で、
この霊符を用いるには修法を実践する必要があるそうです。
日本に伝わってからは、鎮宅霊符そのものを神として祀られているようです。
お守りやお札の元祖の神で、節分や七夕など星祭りは、この神の家内安全、
商売繁盛のお祭りです。
庫裡
鎮宅霊符神堂前の東側に庫裏があります。
七福神
庫裏の向かいの参道を挟んだ西側に七福神の像が祀られています。
寿老神堂
その南側に安土・桃山時代に建立された寿老神堂があります。
本尊の寿老人は「都七福神めぐり」の札所本尊でもあります。
愛染堂
更にその南側には愛染堂があります。
大日如来
本堂の南側に天道大日如来と延命地蔵菩薩を祀った社があり、
画像はありませんがその東側に宝物館があります。
宝物館には行円が身につけていたとされる鹿皮の衣が保存され、
毎年1月に2日間だけ公開されます。
また、お盆の期間のみ公開される「幽霊絵馬」には以下のような伝説が残されています。
『江戸時代の文化8年(1811)、行願寺の近くにあった質屋で子守として奉公していた
「おふみ」という少女が、よく境内で子守をしていました。
革堂から聞こえてくる御詠歌を子守歌代わりに、唄い聞かせていたのですが、
質屋の主人は熱心な法華信者でした。
ある時、おふみが唄う御詠歌が主人の耳に入り、
それに怒った主人に虐待され殺されてしまいました。
主人はおふみの遺体を親に返さず、蔵に隠しました。
行願寺での通夜に訪れていた両親の前におふみが幽霊となって現れ、
両親に真相を告げたました。
両親はおふみを葬った後に幽霊を絵馬に描き、
手鏡をはめて寺に奉納した』と伝わります。

寺町通を北上して京都御苑へ向かいますが、丸太町通を境に北は上京区、
南は中京区に分かれ、京都御苑は上京区となります。
続く
にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

山門
西圓寺から桂川の堤防を北上し、国道171号線を左折してその先の
171号線が延長する道路を右折した先に安禅寺があります。
但し、車道からの細い通路にバイクを止め、境内に入った南側に山門があります。
安禅寺は山号を栖雲山(せいうんざん)と号する西山(せいざん)浄土宗の寺院で
京都洛西観音霊場の番外札所です。
地蔵堂
山門前の地蔵堂
本堂
本堂及び庫裏
安禅寺は室町時代に第102代・後花園天皇の第一皇女・観心女王(1434~1491)により、
京都御所内に創建されたと伝わります。
その後、江戸時代の元禄年間(1677~1703)に義空栖雲により現在地で中興され、
山号を「栖雲山」と号するようになりました。
本尊は阿弥陀如来です。
観音堂への参道
観音堂への参道
観音堂
観音堂-堂内
観音堂
観音堂には西国三十三所観音霊場のそれぞれの本尊が安置されています。
かって、当地は桂川の氾濫により度々被災しました。
被災した農民達は観音菩薩に救いを求め、各地で観音講が結成されました。
西国巡礼に先立ち、安禅寺で道中の“安全”が祈願されました。

光福寺へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

山門
観音寺は山号を普陀落山と号する真言宗豊山派の寺院で、
京都洛西観音霊場の第15番札所です。
国道171号線を南へ進み「菱川上植野」の信号を左折した中央分離帯がある
大通りの一筋北側にあり、京都洛西観音霊場で唯一、
所在地が京都市伏見区となっています。
本堂-1
本堂
観音寺は養老6年(722)に徳道上人により創建されたと伝わりますが、
その後の変遷は不明です。
徳道上人は齊明天皇2年(656)に、現在の兵庫県揖保郡太子町矢田部で誕生し、
若くして両親を亡くしました。
徳道上人は21歳で出家し、神亀4年(727)、に大和長谷寺鎌倉長谷寺
開創した他、諸国に四十九ヶ寺を建立したと伝わります。
養老2年(718)の春、上人は突然の病で仮死状態となり、
夢の中で閻魔大王と出会いました。
悩める人々を救うために三十三所の観音霊場を広めるように委嘱され、
三十三の宝印を与えられて仮死状態から解放されました。
上人は三十三所の霊場を設けましたが、人々からの信用を得られず、
止む無くその印を中山寺に埋めたと伝わります。
三十三の数字は、観音が三十三の姿に変化して、人々を救うと説く
法華経普門品によるもので、観世音菩薩は慈悲と智慧により、
すべての人々を救済する仏とされています。
270年後の永延2年(988)、その宝印は花山法皇によって掘り出され、
西国三十三所観音霊場が復興されました。
本堂-2
本尊は十一面観音菩薩二躯で徳道上人が、大和長谷寺の本尊と同木で刻まれたと
伝わりますが、長谷寺の本尊には伝承が残され、同木かの真偽は不明です。
秘仏とされ、毎年1月8日~14日に開帳されています。

また、堂内には雷避けの「懸け仏」などが安置されています。
鎮守社
鎮守社の左側の石灯籠には「愛宕山大権現」と刻まれ、
宝暦11年(1761)の銘があります。
石仏群
石仏群
不動明王
不動明王が線刻されています。

万福寺へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

善峯寺参道
府道733号線から善峯寺への道は、大型車は通行不能の狭く急坂・急カーブが続く
険しい道で、二度と走りたくない道です。
途中に三鈷寺への分かれ道がありますが、一気に善峯寺へ下りました。
善峯寺の参道脇の樹木は大量に伐採され、河岸では改修工事が行われていました。
画像の右上部にもブルーシートで土留めが行われていましたが、
諸堂の参拝は問題ありませんでした。
善峯寺及び三鈷寺の記事は掲載済ですので、十輪寺へ向かいます。
山門
十輪寺は山号を小塩山(おしおざん)と号する天台宗の寺院で、
京都洛西観音霊場の第3番札所です。
善峯寺からバイクで5分ほど下った車道に面しています。
平安時代の歌人で『伊勢物語』の主人公である在原業平が、
晩年に隠棲したことから通称「なりひら寺」とも呼ばれています。
また、業平が塩焼きの風流を楽しんだことから、
「小塩」の地名が付いたとされています。

十輪寺は平安時代の嘉祥3年(850)、第55代・文徳天皇の
染殿(そめどの)皇后(藤原明子=あきらけいこ)の安産祈願のために
(又は世継ぎ誕生を祝って)創建されました。
円仁(えんにん)の弟子である恵亮(えりょう)によって開山されました。
無事に惟仁(これひと)親王(後の第56代・清和天皇)が誕生し、
文徳天皇の勅願所となり栄えました。

平安時代、花山法皇は、西国三十三所観音霊場を再興した際、善峯寺へ向かう途中、
十輪寺の前を通りかかった時に美女が現れ、後を追うと地蔵菩薩の前で消えました。
法皇は足を止め、縁ある寺として背負っていた観音像を安置して、
木版の手形を貼り付け、奉納されました。
その手形は、業平御殿の床の間がある部屋のガラスケース内に納められています。
現在の我々の手と比べると、ずいぶん小さな手だったことが伺い知れます。
また、観音像は法皇自作の十一面観音菩薩で、「草分観世音」とも
「笈摺観音(おいずるかんのん)」とも呼ばれ、西国三十三所観音霊場巡りをするには、
一番最初に参拝しなければならない観世音とされています。
その後、応仁・文明の乱で戦火に逢い、荒廃しました。
江戸時代の寛文年間(1661~1673)に、藤原北家のひとつである
公卿・藤原(花山院)定好によって再建され、
以後、花山院家の菩提寺となりました。
願掛け樟
受付で拝観料(400円)を納めて境内に入ると、
左手に大きなクスの木が目に入ります。
このクスの木は樹齢約800年で、本尊もクスの木で彫られていることから
分身とされています。
伝説によると、本尊である地蔵菩薩の神力で一夜にして
大樟樹(おおくすのき)に成長したとされ、
「願掛け樟」として祀られています。
小さな祠
境内には小さな祠が、幾つも祀られています。
石仏
境内奥にある石仏。
鐘楼
鐘楼は寛文6年(1666)に建立されたもので、京都府の文化財に指定されています。
梵鐘
梵鐘は「不迷梵鐘(まよわずのかね)」と称され、決心がつかずに迷っている時、
この鐘をつくと迷いが取れるご利益があるとされています。
まず本尊の前で、百円を供えて祈り、息を止めて一点鐘をつき、
音が鳴り止むまで息をしてはいけない。
再び息をした時、決心がつく...とされています。
結構長い間、余韻が続きますので、
息を止める練習をしておいた方が良いかもしれません。
本堂
本堂は、寛延2年(1750)に藤原(花山院)常雅によって再建されたもので、
京都府の文化財に指定されています。
本堂-屋根
本堂の屋根は、神輿のような鳳輦(ほうれん)の形をしています。
本堂-梁
本堂の屋根ばかりに気を取られていましたが、帰宅してから調べると、
本堂は密教本堂、神社拝殿、禅宗仏堂を混交した珍しい建築物であること。
また、施されている彫刻も見るべき価値があったことが判り、
もっとよく見ておくべきだったと反省しきり...
本堂-堂内
本尊は、伝教大師作という延命地蔵菩薩で、腹帯が巻かれていることから、
腹帯地蔵尊とも称されます。
但し、本尊は秘仏で、毎年8月23日のみ開帳されます。
池
本堂から見た池
高廊下
高廊下
三方普感の庭
高廊下を挟んで、池と反対側の庭は「三方普感の庭(さんぽうふかんのにわ)」
と名付けられ、寛延2年(1750)に藤原常雅により、
本堂再建の際に作庭されました。
「普感」とは仏の遍万している大宇宙を感じることだそうですが、
凡人には宇宙を感じるのは難しいように思います。
高廊下から見える景色は天上界を想像させる造りになっているとか...?
茶室
茶室からの景色は現実世界を見立てているそうですが、
茶室に立ち入ることはできません。
屏風絵
茶室横の屏風絵
三方普感の庭-御殿側
業平御殿からは極楽浄土の世界を眺めることができるとか...
本堂に向かって少しずつ高くなり、庭を大きく見せる工夫がされ、
しばし横になって庭に見とれることはできました。
ここは、横になって庭を見ることが許されています。
山道の入口
本堂から出て、寺の裏山を登ります。
山道からの屋根
本堂の屋根を目の高さで見ることができます。
業平の墓
業平の墓があります。
在原業平(825~880)は六歌仙・三十六歌仙の一人で、父は第51代・平城天皇の
第一皇子・阿保親王、母は第50代・桓武天皇の皇女・伊都内親王
(いとないしんのう)と高貴な身分の生まれです。
大同5年(810)、平城上皇と第52代・嵯峨天皇が対立し、嵯峨天皇側が
迅速に兵を動かしたことから平城上皇は出家しました。(薬子の変
天長3年(826)、阿保親王は臣籍降下し、在原朝臣姓を名乗りました。
業平は第55代・文徳天皇(もんとくてんのう)の第一皇子・惟喬親王
(これたかしんのう)の従姉にあたる紀 有常(き の ありつね)を妻とし、
惟喬親王に仕えました。
惟喬親王は第一皇子でありながら皇位の継承ができず、貞観14年(872)に出家しました。
業平もこの頃に十輪寺に移り住んだのかもしれません。
塩釜
墓から少し登った所に、塩竃跡があり、近年復元されました。
業平は難波から海水を運ばせ、塩焼きの風情を楽しんだとされています。
業平の思いの人・藤原高子(ふじわら の こうし/たかいこ)が大原野神社へ参詣の際、

塩竃で紫の煙を立ち上げ、思いを託したと伝わります。
塩竃を清めて煙を上げ、その煙に当たり、良縁成就、芸事上達、ぼけ封じ、
中風除け等々を願う「業平信仰」があり、11月23日には、塩竃清祭が行われます。

次回は乙訓寺から向日神社、長岡京跡などを巡ります。

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

山門
天智天皇陵から府道143号線を南へ進み、横断歩道橋がある信号を右折し、
その先の渋谷街道で右折して渋谷街道を西進します。
「フレスコ北花山店」を通り過ぎ、「ドラッグ・ユタカ」前の細い路地を右折、
北上した正面に元慶寺があります。
渋谷街道沿いに立て看板があり、それが目印となります。
路地を入った右側に数台の駐車場があります。

元慶寺は山号を華頂山と号する天台宗の寺院で、平安時代の貞観10年(868)に、
第56代・清和天皇の女御であった藤原高子(ふじわら の こうし)が
貞明親王(後の第57代・陽成天皇)の誕生に際して発願し、
僧・遍昭を開基として創建されました。
当初は定願寺と称されていましたが、元慶元年(877)に清和天皇の勅願寺となり、
年号から寺号を元慶寺と改称されました。
元慶寺が立地する北花山は、山科七郷の一つで、
飛鳥時代の第38代・天智天皇の時代は「華頂」を郷名としていました。
その郷名が山号になったと思われます。

寛和2年(986)、藤原兼家、道兼父子の策略により第65代・花山天皇
出家させられるという寛和の変が起こりました。
花山天皇は元慶寺で出家し、花山法皇となりました。
花山法皇は、徳道上人が創始した後、廃れつつあった
西国三十三所観音霊場の巡礼を復興した縁で、元慶寺は番外札所となっています。

室町時代の応仁・文明の乱で被災してからは荒廃し、寺域は縮小され
小堂があるだけの寺院となりました。
江戸時代の安永8年(1779)になって、ようやく再建が始まり、天明3年(1783)に落慶し、
入仏供養が行われたとの記録が残されています。

山門は唐風の龍宮造の鐘楼門で、寛政4年(1792)に再建されました。
帝釈天
帝釈天
梵天
梵天
山門に安置されていた梵天と帝釈天は、現在は京都国立博物館に寄託されています。
梵鐘は、菅原道真が勅命により元慶寺のために詠んだ漢詩が刻まれた三代目です。
山門前の碑
山門前には「禁葷酒(きんくんしゅ=酒の匂いをさせて
山門を潜るべからず)」と刻まれた石碑が建っています。
本堂
山門を入った左側に寛政元年(1789)に再建された本堂があります。
本尊は遍昭作の薬師瑠璃光如来で、花山法皇の宸影などが安置されています。
手水鉢
本堂前の手水鉢
歌碑
境内には遍昭僧正とその右側に遍昭の子である素性法師の歌碑が建立されています。
遍昭僧正 「天津風 雲の通い路 吹きとじよ 乙女の姿 しばしとどめむ」
遍昭僧正は六歌仙及び三十六歌仙の一人とされ、多くの歌を残しました。

素性法師 「今こむと言ひし許(ばかり)長月のありあけの月を待ちいでつる哉」
遍昭僧正と素性法師は宮廷に近い僧侶として和歌の道で活躍しました。
仁明天皇の皇子・常康親王が出家して雲林院を御所とした際、
遍照・素性親子は出入りを許可されていました。
親王薨去後は、遍照僧正が雲林院の管理を任され、僧正入寂後も素性法師は
雲林院に住まい、雲林院は和歌・漢詩の会の催しの場として知られました。
六所神社-御神水井跡
渋谷街道を更に西へ進み、交番がある四つ角を右折して北へ進むと
JR東海道線の跨線橋(こせんきょう)が架かり、
その手前を山側へ登った所に六所神社があります。
社号標石の建つ脇に「古跡 御神水井跡」がありますが、詳細は不明です。
六所神社-トンネル
跨線橋側から見れば、トンネル上に六所神社があります。
東海道線
余談ですが、トンネルを出た東海道線は大きく蛇行して山科駅へと続いています。
六所神社-鳥居
鳥居は平成2年(1990)に建立されました。
六所神社は、仁和3年(887)に遍昭が伊勢から天照皇大神、
尾張から熱田大神、山城から賀茂大神と八幡大神、大和から春日大神、
近江から日吉大神を勧請し、元慶寺の鎮守社として創建されました。
六所神社-社務所
鳥居をくぐると斜めに登る石段があり、角に社務所があります。
六所神社-拝殿
拝殿
六所神社-本殿-1
現在の本殿は昭和47年(1972)に再建されました。
六所神社-本殿-2
六所神社は明治の神仏分離令で元慶寺から切り離され、
明治6年(1873)に村社に列せられました。
それからか、それ以前からか、時期は定かではありませんが、
北花山の産土神として信仰されています。
遍昭僧正の墓-1
交番が四つ角から南へ進んだ住宅の裏側に遍昭僧正の墓があり、
宮内庁により管理されています。
遍昭は第50代・桓武天皇の孫で、第54代・仁明天皇に仕えましたが、
天皇が崩御されたのを期に出家しました。
比叡山で慈覚大師・円仁、智証大師・円珍に師事し、
貞観10年(868)に元慶寺を創建しました。
仁和元年(885)に僧正となって「花山僧正」と呼ばれるようになり、
この年の12月には第58代・光孝天皇が主催して宮中・仁寿殿で
遍昭僧正の70歳の賀が行われました。
遍昭僧正は寛平2年1月19日(890年2月12日)に入寂されました。

岩屋寺へ向かいます。
続く

にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ